皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

病気には、当てはまらないアレルギー。体質改善あるのみ。

      2016/06/25

病気には、当てはまらないアレルギー。体質改善あるのみ。

アレルギーになると必ず病気になるのでしょうか?

例えば、花粉症はどうでしょうか?花粉症は病気ですよね。

ところが、視点を変えてアレルギー体質を改善すればどうでしょうか?

症状は軽くなり、病気とは言えなくなりますよね。

そこで、アレルギー体質が改善できると言うことがわかってきましたので紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

アレルギーとは?

アレルギーとは病気でしょうか? アレルギーは体質からでる症状で、病気ではなく治療が可能であるとされています。

アレルギーとは体の免疫が、本来人体には害のない物質に対して免疫がはたらきすぎてしまうことをアレルギーといいます。 アレルギーが起こると、風邪などの病気のように鼻水、くしゃみ、かゆみや皮膚の腫れなど 不快な症状が出てきます。 アレルギーを引き起こす物質はアレルゲンとよばれますが、アレルゲンとしてはダニ、ハウスダスト、花粉、食べ物など、さまざまなものが知られています。 どのアレルゲンに反応してアレルギーになるかは、人によってまちまちです。

アレルギーの症状(病状)にはアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などいろいろな種類がありますが、発症する原因(4つの体質)は同じだと言われています。 皮膚が弱い方はアトピー性皮膚炎になり、 粘膜が弱い方はアレルギー性鼻炎や花粉症になる、という様に持っている体質によって 、発症するアレルギーの種類が変わってくるということまで判っています。

自分の弱い点を知り、体質改善していくことでアレルギーは改善することができます。

引用元-−-アレルギーは病気? いえ、アレルギーの体質改善

アレルギー体質を改善する

ルテオリンやビタミンCは炎症を早く鎮めるのに効果的ですが、時間がたつと身体から排出されてしまいます。そして再びアレルゲンが侵入すれば、また同じアレルギー反応がおきます。 アレルギーがおきやすい体質を変える、わけではないのです。 大事なのは、「アレルゲンが侵入しても、アレルギーがおきにくい身体にしていくには、どうすればよいのか?」ということです。

そもそもアレルギーは、身体に侵入したアレルゲンと抗体IgEが結合することで、引きおこされます。 したがって、抗体IgEが減れば、アレルギーがおきにくくなるわけです。 それには、免疫の司令官である「T細胞のバランス」を変えればよいのです。

免疫の司令官である「T細胞」群には、「細菌型(1型)」と「IgE型(2型)」の2種類あります。
「細菌型(1型)」は、細菌やウイルスに対する免疫系です。
それに対して「IgE型(2型)」は、花粉やハウスダストやダニやカビなどに対す免疫系で、リンパ球にたくさんIgEをたくさんつくらせます。
アレルギーに悩まされている人たちは、2型「IgE型」に偏っているのです。そのため、IgEが多くつくられ、アレルギーがおきやすくなっているのです。

適量のLPSの摂取を続けていくと、T細胞の1型/2型のバランスが徐々に変化していきます。 LPSという「細菌の表皮成分」が腸に入ってくると、免疫系は「細菌が侵入した」と認識して、細菌に対する免疫系を強化していくのです。 そのため徐々に1型が増えていき、総体的に2型が減っていくわけです。 2型が減るとIgEが減るから、アレルギーがおきにくくなるわけです。

1型と2型のバランスが、仮に1:9であったとしても、LPSの摂取を続けていくことで徐々に1型が増えていき、逆に2型が減っていきます。
その後も摂取し続けていくと、7:3→8:2というふうに完全に1型が優勢になります。
1型/2型のバランスが逆転する期間は、T細胞の寿命が4〜6ヶ月ですから、だいたい2〜4ヶ月と考えてよいでしょう。

ひとたびT細胞のバランスが1型優勢になると、LPSの摂取を止めても、3週間くらいは効果が持続します。
しかしその後、徐々に再びもとのバランスに戻っていってしまいます。
だから、少量ずつでも飲み続けていくと、免疫系を「アレルギーがおきにくい状態」に保てます。

引用元-−-体質改善NAVI

アレルゲンに対して厚く丈夫な皮膚を作る

アレルギーは、皮膚や粘膜が薄くて弱くて、 丈夫であればアレルゲンが皮膚から侵入しないので発生します。 ですから、アレルギーといっても皮膚が薄いという体質であって 病気ではありません。

本来は皮膚には角質層という皮膚バリアが存在していて、 アレルゲンがほとんど侵入できずアレルギー反応を引き起こさないのです。 これが病気も防いでくれています。 しかしアレルギーの方は、ヒアルロン酸とEPAの分泌が少ないために 角質層が薄くなってアレルゲンが大量に皮膚から侵入しているのです。

角質層は、ヒアルロン酸とEPAと水分から乳液状の物質を作り角質層と角質層の間に分泌されてます。 それがどうしてアレルギーになるのでしょうか? それが接着剤の働きをして角質層が剥がれないようになっていますが、アレルギーの方の多くが体質的にEPAやヒアルロン酸の分泌が少ないのです。 ですからアレルギーの方は簡単に角質層が剥がれてしまっているのです。

アレルギーの方や病気の方はもちろん、それほどではなくても肌が乾燥しがちだったり、 皮膚が赤黒くなってり、皮膚が粉を吹いたようになっていたら EPAやヒアルロン酸が不足していることが多いです。 特に象皮のように硬くなってしまったり、アレルギー皮膚の方などは、1年ほどEPAとヒアルロン酸というアレルギーサプリメントを摂取するおすすめします。 きっとアレルギーでも病気でも改善してくれるでしょう。

引用元-−-アレルギーは病気? いえ、アレルギーの体質改善

アレルギー、かゆみに負けない!皮膚を強くするサプリメント・3種

肌が弱くアレルギーの私ですが、内側から強くしたいと思ってサプリメントを飲み始めた結果、肌が強くなりました。飲み合わせで効果のあったサプリを紹介したいと思います。
アトピーやアレルギー体質で、かゆみ、乾燥に困っている方、ぜひ参考にしてみてください。

厳選した結果

サプリメントもずっと飲むにはお金がかかりますので、厳選しました。アレルギーを抑える役目の甜茶、肌を強くしてくれるビタミンB、乾燥を防いでくれるコラーゲン、コラーゲンがよく効くようにビタミンC。

サプリメントはネットで検索して、安くても評判のよいお店で購入しています。

おわりに

このサプリを毎日飲みつづけるようになってから、痒い、乾燥するということがかなり減りました。汗をかいても前ほど痒くないし、掻いてしまったとしても傷がすぐに治ったり、また傷にならなかったりと、肌が強くなってバリアーみたいなものができた実感があります。

肌の調子が悪いと憂鬱になってしまいがち。悩みを解決できたら…と思って紹介してみました。

引用元-−-ハウコレ

 

ヒスタミンを作らない体質を作る

アレルゲンが体に入ると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が遊離する(でる)ことで、痒みが起こります。抗アレルギー薬は、ヒスタミンなどを遊離させない働きをし、過剰なアレルギー反応を起こしにくくする薬です。

ただし、効果が出るのに時間を要するため、数ヶ月服用します。ただし、副作用はまれに眠気が出るといった程度なので、安心して使うことが出来ます。

病院で処方される抗アレルギー薬

・インタール
・リザベン
・ロメット
・アレギサール
・ブロニカ
・ザジデン
・アゼプチン
・セルテクト
・アレジオン
・アレロック
・アレグラ
・ゼスランなど

ぐっすり眠れる抗ヒスタミン薬
体内でヒスタミンと拮抗する物質やヒスタミンが遊離するのを抑制する物質を抗ヒスタミン薬といいます。痒みやくしゃみ、鼻水を止める働きがあり、効き目が早くでますが副作用として眠気が強く現われます。強力な中枢神経抑制作用があるので、就寝前に服用します。ぐっすり眠ることで、痒みも起こりにくくなります。

・ポララミン
・ゼスラン
・ぺリアクチン
・レクリカ
・アタラックスなど

引用元-−-健康生活

腸から乳酸菌で免疫力を高める

健康な人でも、よほど積極的に気をつけていなければ、免疫力は低下してしまいます。身体を守る免疫力が低下すれば、当然その分病気にかかりやすくなってしまいますね。
健康を維持するためには、食生活を見直したり、ストレスを解消したり、乳酸菌L-137のように免疫細胞を活性化させる物質を継続的に摂取することが大切です。

なれ鮨由来の乳酸菌L-137は、他の乳酸菌と比べて免疫活性化力が超強力!
乳酸菌にはたくさんの種類がありますが、最近の研究で乳酸菌は免疫力を高めることがわかってきました。
乳酸菌の成分によってその免疫活性化力がかわるのですが、L-137はあまりにも高い数値が出たために、実験ミスを疑って何度もやり直したほどでした

免疫力が低下する要因は色々ありますが、免疫力がアップする要因はあまりありません。
体調が悪く、免疫が下がっているなーと感じるときはもちろん、健康なときにこそ、予防のために免疫力を積極的に高めることが重要です。

免疫力が高まれば、そのぶん風邪やウイルスに強くなると期待できます。
加熱処理によって、免疫活性化力を最大限高めた乳酸菌L-137は、安定して小腸まで届き、体内の免疫細胞を活性化してくれます。

引用元-−-ハウスの乳酸菌L-137はインフルエンザ予防効果が期待できる

twitterの反応

 - 健康・病気

ページ
上部へ