皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

精神病の兄弟がいる人との結婚。二人の絆が大事です。

      2016/06/27

精神病の兄弟がいる人との結婚。二人の絆が大事です。

もし、精神病の兄弟が自分にいたとしたら…

などと考えると「運命」という言葉が浮かぶかもしれません。

体験談を読んでいると、兄弟に精神病の人がいても

スムースに結婚まで行くという方もいらっしゃるのです。

ところが同じような境遇でも全く違って、

ご自身の結婚に兄弟の精神病が影響する方もいらっしゃいます。

運命のひとことではすませられない様な

苦労となってしまう事もあるようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

舅の言葉がつきささりました

弟が知能障害です
単語が少し出るくらい、 普通に歩けますがお風呂等介助が必要です
両親が世話しています

親はいつまでも弟を子供扱いして 自立する訓練を怠っていたのが悔やまれます

二人きりのきょうだいなので 幼い頃から姉としてしっかりすることを強要されたし その一方では一人っ子のような寂しさ
親に構ってもらえなかった哀しさいろんなことが有りました

結婚もしないと決めていましたが 夫が弟を可愛がってくれたので決心できました

舅には妊娠中に まともな子供が生まれるのか?
と言われましたっけ
生涯忘れられません

きょうだいに障害者がいる方 いろんな思いを吐き出しませんか

引用元-−-ガールズちゃんねる

トピ主さんのように心ない言葉に傷付いてきた人は少なくないと思います。将来への不安もあるでしょうが、障害のある方への偏見が少しでも なくなる事を願います。

引用元-−-ガールズちゃんねる

精神病は遺伝するのか 一個人の意見

遺伝子の問題で発症する確率が高いとはいっても、後天的なもの、例えば環境だとか特殊な体験も発症リスクに関与していると考えるのが一般的である。

引用元-−-ドアフォな精神科医、星に帰る

例えば精神障害をもつ親のもとに生まれ育った子供が精神障害を来した場合、それは遺伝によるものである可能性と、精神障害ゆえに適切な子供への接し方や環境の提供ができなかったことによる可能性両方がある。というより、恐らくは両方がトリガーとして入り混じっている。
そういう意味で、「子育てができるのか」「家庭環境を保てるのか」等について検討して、
「残念ながら、病状から考えてあなたは自分自身の健康管理で精一杯であろうし、出産や育児や労働をするには堪え得ない、つまり、それらを行うことによって精神症状の悪化や適応障害に至る可能性が高いです」
と事実上のドクター・ストップをかけることもある。こう言われた患者さんはショックであろうが、これを医師が言わないと他に言う人はいないのである。

そしてさらに厄介なことに、向精神薬を服用している状態での生殖行為、妊娠、産褥では、通常に比べて子供の側にも親の側にも色んな困難やリスクが高まることが知られている。
妊娠初期の薬剤感受性の高い時期の催奇形性の問題、周産期のストレスフルな状況に妊婦が耐えうるかという問題、授乳の際の母乳中に含まれる薬剤を新生児に摂取させてはいけないという問題などが立ちはだかる。

妊娠したら予想外に精神症状が落ち着いて薬剤を中止できたなどという結果オーライなケースも多い。催奇形性についても、万一に備えて誇張気味に警告されている面もあろう。
基本は妊娠したら減薬→drug freeである。しかし母親の精神症状を考えるとdrug freeは無謀だと言わざるを得ないケースも多い。

FDAなどを参照したりしながら検討に検討を重ねても、「この薬なら、この量なら大丈夫」などと自信を持って言える医師が果たしているのだろうか。そこはどうしても確率論になるし、どの辺りの数値を以て確率が高い・低いといえるのか等、医師個人個人の裁量に任されている面が大きい。
その辺り、主治医とよく相談を・・・などというしょうもない結論しか書けなくて申し訳ない。
精神障害者ではなく一人の人間として子供をもうけるのであれば、リスクから目を背けてはいけないと思う。

引用元-−-ドアフォな精神科医、星に帰る

統合失調症は子供に遺伝しますか?または隔世遺伝しますか?

まず遺伝性についてですが、統合失調症は遺伝性が認められている病気です。
ドイツのルクセンブルガーという研究者が行った有名な研究によれば、統合失調症患者の子供が統合失調症にかかる危険率は16.4%、孫では3%とされています。
一般人口における統合失調症の有病率が1%ですから、これはかなり高い数値と言えるでしょう。
生まれたお子様が必ず統合失 調症を発症するわけではもちろんありませんが、統合失調症の素因は受け継がれると考えられるべきでしょう。

次に奥様の病状ですが、妊娠中は安定していて、出産後のホルモンバランスの急激な変化に伴って不安定になる可能性はあります。
生涯の服薬を必要とする慢性疾患であり、ストレスに対する脆弱性は健常者よりは低いので、出産以外でも、何事かのストレスに応じて病状が変化する可能性は常にあります。

また、妊娠中も服薬していることで、胎児に一定のリスク(決して高いものではありませんが)があることも理解されておかれるべきかと考えます。

引用元-−-just Answer.精神科医

統合失調症患者様に子供を産む権利が無いとは申しません。
ただし、お子様が平常よりも遥かに高い確率で統合失調症を発症するリスクがあることをご両親は予め知らされているべきですし、そういったリスクを生まれてくるお子様に負わせることの是非については本来は事前に十分な検討と熟慮がなされるべきでしょう。

彼女様は既に妊娠されているわけですが、今後のことについては、このような前提を踏まえて、相談者様と彼女様の間でまずよくお話合いをされるべきかと存じます。

引用元-−-just Answer.精神科医

統合失調症

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。それに伴って、人々と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せもっています。

多くの精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に幻覚や妄想が強くなる急性期が出現します。
新しい薬の開発と心理社会的ケアの進歩により、初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できるようになりました(WHO 2001)。
以前は「精神分裂病」が正式の病名でしたが、「統合失調症」へと名称変更されました。

引用元-−-厚生労働省 みんなのメンタルヘルス

 

恋人の家族に精神病患者がいたら?

恋人の家族に複数の精神病患者がいたら結婚を躊躇しますか?
子供に遺伝するかもしれませんよね。
遺伝することはないと考えるにしても、社会の偏見の目から子供を守りたいですよね。
将来、その家族の面倒を見なければならないはめになるかもしれませんよね。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

50歳になる男性、既婚。息子4人です。
私の父の兄弟姉妹は7人いますが、弟の一人は精神障害を持っています。
結婚するときに妻に話しましたが全く気にしませんでした。複数ではありませんが、近親にそういう人が
いるというのは嫌なものですね。私は精神科医ではありませんので専門的なことは分かりませんが、精神障害というのはそういう因子を持った人が後天的な事情で発症するものだと思います、したがってそういう因子を持った人というのはかなり多くいるのではないでしょうか。近親にそういう人がいない家系もそれがたまたまその時期にでていないというだけであって、過去をたどれば必ずいるような気がします。そういった意味で完全に精神障害者が出ない家系というのはないと考えています。但し複数というのが相当な複数であればうやはりちょっと躊躇しますよね。一人や二人であれば気にしなくていいのではないでしょうか。そういうことよりも、そういう状況があってもまったく気にならない素晴らしい人とめぐり合える方が大事ですよ。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

まとめ

精神科医によってもそれぞれの方の意見をお持ちのようです。しかし、遺伝子をもっていれば、先天的ではなくても後天的に精神病になる可能性があるそうですね。例えば、妊娠中に病状が悪化して投薬しなければならなくなったら胎児に与えるリスクが増えてしまいますよね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/silver_luvsic/status/613608325654036480


https://twitter.com/arearerearama/status/613330340224958464″

 - 人生 社会 恋愛

ページ
上部へ