皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

結婚したいけど貯金なし!結婚しても大丈夫?

      2016/06/27

結婚したいけど貯金なし!結婚しても大丈夫?

人生で何度もあるわけじゃない結婚ですが、

貯金なしだと結婚できないのでしょうか?

もちろん結婚式を盛大にやりたいとか

新婚旅行を豪華にと考えていれば貯金は必須ですね。

貯金なしでの結婚や貯金など調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


女性が希望する貯金額

婚活アプリ『マッチアラーム』を運営するマッチアラーム株式会社が行ったアンケート「結婚相手に求める貯金額は?」によると、
実に過半数以上の女性が「300万円以上」を望んでいるということが明らかになったのです。なかには1,000万円以上を希望する強者も。

その理由としては

「結婚資金にしたいから」(女性/30代前半/神奈川県)
「専業主婦になりたいから。」(女性/30代前半/千葉県)
「結婚式をハワイで挙げたい」(女性/20代後半/北海道)
と、なにかと物入りな結婚式と、将来を見据えた発言が多く目立ちました。

しかし、一方で「50万円未満でもいい!」という人も。

「二人で貯めればいい」(女性/30代後半/岩手県)
「自分が貯金少ないので。」(女性/20代半ば/埼玉県)

引用元-−-AppWoman

男性の貯金希望額

堅実世代と言われる男性たちの希望貯金額とは?

結婚前に貯金しておきたい金額は?
50万円未満 3.4%
50万円〜100万円未満 10.9%
100万円〜300万円未満 35.3%
300万円〜500万円未満 32%
500万円〜1000万円未満 10.2%
1000万円以上 8.3%

男性の約5割が結婚までに貯金しておきたい金額を「300万円以上」と回答していました。
「300万円以上」と回答した方のコメントで多く見られたのが「先行き不安なので」「多い方が何かと安心」といった「備えあれば憂いなし」な意見。

逆に「300万円以下」と回答した方からは「なんとかなる」「お金なくても愛があればいいのさ」などの楽観的なコメントが多く見られました。

引用元-−-婚活お役立ちニュース

貯金がないと結婚はできないのか?

Q.ズバリ、「貯金ゼロ」の男性と結婚できる?
できる……14.0%
できない……86.0%

「できない」派のほうが圧倒的に多い結果となりました! それぞれの意見を見てみましょう。

<「できない」派の意見>

■計画性のない感じがNG

・「結婚したら将来、子どもや老後やマイホームやらでお金が必要なのに、貯金がゼロなんて人は計画性がないと思うし、結婚しても自分が苦労しそう」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「それだけ計算できない人間だということだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「金銭感覚が疎い人とは一緒になれない」(27歳/公務員・団体職員/専門職)

■なにかともめそう

・「絶対ケンカのタネになる」(32歳/生保・損保/営業職)
・「結婚しても幸せになれなさそうだから」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

貯金がない、ということはそれまでのお金の使い方に問題がある可能性が。結婚する相手としては、不安になってしまう気持ちもわかります。金銭感覚のズレは結婚生活にも影響しそう、と考える女性意見が目立ちました。

<「できる」派の意見>

■結婚してから貯金できればOK

・「結婚してから貯めればいい」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

■自分が貯める

・「今の彼はゼロですが、結婚を決めました。その分私が貯めているので大丈夫です」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

少数派の意見となりましたが、結婚後に2人でしっかり貯めていけるのなら問題ない、と考える人もいるようです。「自分が貯金しているので大丈夫」という頼もしい意見も!

いかがでしたか? 結婚相手の男性には、多少なりとも貯金をしていてほしい、というのが多くの女性の考えのようです。結婚を考えている男性がいる人は、しっかりとお金について話し合う時間をつくるといいかもしれませんね。

引用元-−-マイナビウーマン

結婚を決断時の貯金額

結婚を決めた時のふたりの貯蓄額、いったいどのくらいあるのが普通なのでしょう。アンケートを見ると、カップルたちの貯蓄額はかなりバラバラ。
貯蓄額の相場といったものは特にないことが分かりました。また約半数は貯蓄額100万円から500万円のゾーンに分布していますが、「50万円以下」とほとんど貯蓄のない人も、2割とかなり多め。
いまどきのカップルには、結婚にあたって貯蓄するタイプとしないタイプに分かれる傾向があるのかもしれません。
 貯蓄額の影響について聞いた質問では、「挙式時期が延びた」という回答が11%ほどあったものの、70%の人が「結婚を決める際に貯蓄額は影響しなかった」と回答。いまどきのカップルたちは、経済面にそれほど左右されることなく、結婚を決めているようです。

引用元-−-ゼクシィ

やりくり次第!貯金なしで結婚する

貯金がなくても結婚をすることは可能です。実際に貯金なしで結婚し、現在も幸せなカップルは大勢います。

貯金のないカップルがどうやって結婚をしたかと言えば、「あるだけのお金で身の丈にあった結婚をした」ということです。

結婚式をささやかなものにする、新居は1人暮らし時代の家具でまかなったなど、必要以上に出費がないよう工夫して結婚している人がほとんど。

重要なのは結婚生活を2人の力だけでやっていく見通しをつけることです。結婚するために何を我慢し、どうやりくりすべきなのか2人でしっかりと話し合いましょう。

引用元-−-みんなのウェディング

貯金なしでも結婚式がしたい

(1)ブライダルローンを利用する

ブライダルローンとは結婚費用に特化した多目的ローンのひとつで、銀行やカード会社など多くの金融機関で取り扱いされています。
マイカーローンなどと同じで、結婚式場が発行する見積もりを金融機関に提出し、まとまった金額のローンを組むわけです。
ローンと言うと結構ネガティブに考える方も多いかもしれませんが、実際は当日にご祝儀が入ります。この祝儀を繰り上げ返済にまわせば借入残高は一気に減りますので、手続きの手間はありますが大きな負担にはなりません。

(2)後払い可の式場を探す

数こそ少ないものの「後払いOKですよ」と言う式場も存在しますので、そういった式場で挙式を挙げるのもひとつの方法です。
しかし、人気のゲストハウスやブランドがあるシティホテルでは後払いには対応していないのがほとんどですので、後払いOKを式場探しの条件にすることによって選択の幅が狭くなるのは間違いないでしょう。

(3)後払いについて相談する

例えば、見積もりが350万円で手持ち資金(親からの援助も含め)が300万円の場合です。完全前払いであれば50万円不足するので資金を工面しなければいけません。
しかし、式場側から言えば、50万円程度であれば祝儀で回収できることが予想できるため、「300万円前金で払ってくれれば、残金は後日清算でも大丈夫ですよ」と、特例で対応してくれる場合もあります。
しかし、挙式直前での申し出は式場側に支払い能力について不安を与えることから利用約款を盾に断られることもあります。必ず、申込み前にしっかりと予算・支払いについてウェディングプランナーと相談されることをおすすめします。

引用元-−-bridalstaff.net

まとめ

幸せの価値観は人それぞれですが、貯金や年収で結婚を決めてしまうとそこに本当の愛はどこに?と疑問にも感じてしまいます。愛しているのは彼もしくは彼女なのであれば、自分たちの結婚の形を作り出す方が二人の記念にもなるのではないでしょうか?

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/kurumioz/status/611738620974645248


https://twitter.com/syukuden1/status/611709622009774080


https://twitter.com/chita199604021/status/611548492918427649
https://twitter.com/sfdgedgaweg/status/611512713898885120


https://twitter.com/Beauty__x__/status/617672435282804736
https://twitter.com/yakutataznokuz/status/617283536005914624″

 - 人生 社会 恋愛

ページ
上部へ