皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

背中の痛みが続き、左側に鈍痛がある場合は直ぐに病院へ!

      2016/06/25

背中の痛みが続き、左側に鈍痛がある場合は直ぐに病院へ!

上腹部鈍痛、この頃体重減少、食欲不振、吐き気、

左背中の痛みに気づいたら、

躊躇せずに医療検査を実行することが、

早期診断の決め手となるそうです。

背中の痛みが単なる筋肉痛ならば問題ないのですが、

膵臓癌だったら大変です。

背中の左側に鈍痛がある場合、

一時的なものでなければ医師に診てもらいましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

左側背中の痛み

背中の左側が痛むのは、内臓疾患による場合が多いです。圧し掛かるような鈍痛を感じるようになり、心身共に消耗していくのが厄介な特徴です。内臓炎や胃潰瘍などといった疾患を引き起こしている場合もあり、放置しておけば悪化していくばかりです。鈍痛を感じる例は内臓疾患だけでなく、肋間神経痛・気胸の時も同じような痛みを感じることが多いでしょう。背中と同時に前胸左部にも痛みを覚えるようなら、狭心症である可能性も否定できません。
就寝時に背中の左側が痛くなり気になって眠れない、という場合は、上述したような内臓疾患などといった疾患を引き起こしている可能性が高いです。また脾臓・胃などに異常が見られる場合も、背中が痛むことは多いです。基本的には腹痛として起こりやすいものですが、患部が近いためか背中の左側に痛みとなって現れることもあるのです。
当たり前のことですが、何らかのトラブルを抱えていたら、治療をしなければ治りません。放置しておいても悪化していくばかりで、痛みも増していくだけです。日々感じていた鈍痛が突然刺すような鋭い痛みに変わって、その時になってようやく診断を受けに行ったら、取り返しのつかないほど重症化していたという例もあるのです。
背中の左側に鈍痛を感じ始めたら、内臓疾患などのサインかもしれません。様子を見ていればいつか良くなるだろう、と安易に考えず、出来るだけ時間を見つけて診察を受けに行くほうが賢明です。

引用元-−-背中の痛みガイド

左背中の痛みの原因:膵臓の病気

膵臓は左背中の痛みを引き起こす病気として膵臓の病気が考えられます。具体的には膵炎、膵臓癌があげられます。膵炎はアルコールの過剰摂取などによって膵臓に炎症が出来てしまう病気です。
膵臓癌は膵臓に悪性腫瘍が出来てしまう病気ですが、原因はよくわかっていないのが現状のようです。しかし、食の欧米化に伴う食生活の変化が原因ではないかと言われています。
どちらも症状が進行すると鈍痛を伴い、シコリなどが現れ始めます。しかし、これは病気が進行した場合であって、初期段階ではほとんど自覚症状がないといわれています。

引用元-−-背中の痛みが鈍痛のとき疑うべき3つの病気

左背中の痛みの原因:肋間神経痛

肋骨の神経が何らかの原因で痛みを発してしまう病気です。私もこの病気を持っていますが、たまに左背中の痛みを感じることがあり、厄介な病気です。姿勢が悪いとなることが多いような気がします。
鈍痛といった痛み方や痺れるような痛み方もあり様々です。重篤な症状を起こすことは少ないですが、突発的に襲ってくるのでとても面倒です。しかし、慣れてくればそこまで心配する必要はないでしょう。

引用元-−-背中の痛みが鈍痛のとき疑うべき3つの病気

膵臓癌のうたがい

すい臓がんの背中の痛みの原因の代表は膵管圧迫による部分炎症ですが、それだけではありません。 すい臓自体の腫れによる肥大・炎症によってすい臓自体だけでなく周辺への影響と放散痛もあります。
これは左背部痛だけでなく肩や胸のコリやペンチでひねられたような激しい痛みが痙攣とともに 四六時中起こることもあります。
基本的にすい臓の疲弊によるすい臓自体の痛みはみぞおちから左の背中にかけての鈍痛やコリのような 体の奥深くの筋肉痛のような痛みがあります。
おもわず体を右側にひねったり伸ばしたくなるような痛みであり、不快感です。

時には自分で背中を叩きたくなったり他人に信じられないほどの力で左背部を叩いてもらったりして 一時的に鈍痛をごまかしたくなる時もあります。
これが脂っこい食事をした後やお酒を飲んだり暴飲暴食の後などに必ず起こるようだと注意が必要です。

そのうちこれが通常の食事でも起こるようになったり激しい下痢を伴うようですとかなり注意が必要です。
ましてや慢性的になってそれが当たりまえになってしまい慣れてしまい放置していると末期になって 体重が激減してめまいや冷汗等がでてきてどうしよもなくなってから検査しても余命数カ月という ことも珍しくありません。

引用元-−-すい臓がん

特徴的な痛み方はないのか?

すい臓がんだけによる特定的な痛みを表現するのは難しいといえますが、統計的には今まで感じたことのない違和感、常に継続的な24時間続く痛み、そしてその痛みがやわらぐことがなく増大するといったことが特徴的といえます。
もちろん無症状の例もありますが、すい臓のどこの部位にできたかによって痛みの感じも変わってきます。
また痛みと同時に家族親族にすい臓がんの既往があったり、普段から暴飲暴食や喫煙などの生活習慣があったり、肥満・糖尿などの傾向がいっしょにあって痛みの特徴が前述と重なる場合は注意が必要といえそうです。
もともとよく下痢や胃部不快感や吐き気傾向があり皮膚がよくかゆくなるなどの症状がある人が急に継続的な鈍い背部痛が増大してきた場合なども特徴的とえます。
ここまで特徴的痛みと体調の傾向があり心配で検査したい場合は、一般的な内科よりも熟練した検査体制のある専門病院か大学病院クラスで検査したほうがより確定的な結果を早く得ることができますし、安心感も高いといえます。

引用元-−-すい臓がん

 

膵臓癌の発見後の生存率の低さ

膵(すい)がんは、いまだ有効な早期発見法がないので、診断されたときには多くの人がすでに進行していて予後も悪い。がんの中でも特にやっかいな病気で、膵臓が“暗黒の臓器”の異名をとることから“暗黒のがん”といわれるほどだ。しかし、ようやく簡易な血液検査が実用化目前まできており、近い将来の検診での活用が期待されている。

引用元-−-産経ニュース

臓器別がんの5年生存率の年次推移を見ると、年度によって多少の上下はあるものの、長期的にはほとんどのがんが改善傾向にある。ところが膵がんだけは改善が見られず、しかも、すべてのがんを合わせた5年生存率は60%ほどに達しているにもかかわらず、膵がんは10%程度と極端に低い。
さらに深刻なのは、膵がんによる死亡者数が年々増加していることだ。厚生労働省の人口動態統計によれば、2012年の膵がん死亡者数は年間2万9916人で、20年前(1992年・1万4147人)と比べて2・1倍、10年前(2002年・2万137人)と比べて1・5倍に急増している。

引用元-−-産経ニュース

膵がん患者と健康な人の血中タンパク質を質量分析器で解析した比較研究で、膵がん患者はある特定のタンパク質が減少していることを突き止めたのだ。次に、それを検証するためのコホート研究を、他施設と共同で国内外合計1314症例について実施。その結果、CA19−9ではできなかった、ステージIという早期でも変化することが確認された。平成23年度からは、民間企業との共同研究で、検査薬(診断キット)の作成に入った。そして厚労省の新たな研究班の承認が得られれば、いよいよ新年度から一部の地域で試される予定だ。そこで有用性が確認されれば、住民健診、職場健診へと広がっていくこととなる。もっとも、山田氏は「そのためにはまだやるべきことは多い」と、楽観はしていない。これまでの膵がん患者を対象にした後ろ向き研究では特異度は98%だが、一般の人を対象にした前向き研究はこれからなので、結果は予断を許さない。また、検診に使用した場合の費用対効果の検証も必要となる。
しかし、これまで膵がんの有効な早期発見法がなかったことを考えると大きな進歩であることは間違いない。これが成功すれば、世界に先駆けて、膵がんになっても長く元気に生活できる社会が到来する可能性があり、期待される。

引用元-−-産経ニュース

まとめ

痛みを感じだして、痛みが緩和されない場合は是非医師に診断してもらいましょう。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/bluerobo/status/172648524717096961


https://twitter.com/oma_222/status/78772976505462784


https://twitter.com/yajioshow/status/609868386919526400″

 - 健康 

ページ
上部へ