皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

膝を打撲してしまった!痛みの原因と対処法を解析!

      2016/06/26

膝を打撲してしまった!痛みの原因と対処法を解析!

スポーツなどで膝を打撲してしまったことはありませんか?痛み方によっては心配ないものから治療が必要なものまで様々です。今回は膝の痛みと対処法についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


膝の打撲や挫傷の原因は?

膝は、打撲や挫傷を生じやすい部位といえます。特に小児や老人は転倒により膝を打ち、打撲や擦り傷などをよく起します。また、スポーツの練習などで膝をついたり、擦ったりすることが多いと 、炎症を起すことも有ります。この膝の打撲や挫傷では、 皮下組織の単純打撲や挫傷による軽度の炎症程度のものから、その程度によっては、膝蓋骨骨折や顆間隆起骨折のような膝関節内の骨折、その他にも膝蓋前滑液包炎、ジャンパー膝、膝蓋腱断裂、大腿四頭筋腱 損傷などを生ずることも有ります。その他に皮膚や皮下組織の損傷により、膝蓋部の裂傷、擦過傷による細菌感染なども多く見られます。その多くは、前述のように事故やスポーツ中に生じた打撲や急激な物理的ストレスによるもので起こりますが、中には基礎疾患が潜んでいて、僅かな負荷を引き金に徐々に損壊するケースもあります。

引用元-膝の打撲と挫傷

膝の打撲による痛みの症状とは?

内出血を起こし、時間がたつと痛みが強くなる

打撲した部分やその周辺が炎症して、腫れや熱感があり皮膚が青紫色に変色しているときは、内出血といわれる皮下出血を起こしている可能性があります。また、頭部の場合はこぶができることもあります。患部は直後よりも、しばらく時間がたってから激しく痛みますが、軽い打撲であれば、1~2週間程度で腫れと痛みがおさまります。しかしこの皮下出血のあとが変色して青紫色のあざになって1カ月ほど残ったり、骨が突き出るようなときは、骨折を疑います。ただし、外見からは分からないことも多いので、痛くて動かすことができないときは骨折も考えて対処をしましょう。

引用元-打撲 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

膝の打撲による痛みの対処法は?

◆膝の打撲及び内出血について
膝の内出血には、外部からの強い打撃などによる症状と、慢性的な障害によるない出血があります。
打撲など、固いものにぶつけてしまった場合の内出血の場合は、内出血の治療の基本であるアイシングを行います。
膝のアイシングは時間をかけてゆっくりと熱を奪うことからスタートしましょう。

膝関節はどうしても動きを伴うためアイシングがうまく機能しない場合は、膝専用のアイシングサポーターの利用も検討してみると良いでしょう。

野球肩などの肩のアイシング製品同様、膝専用のアイシングサポーターも有能な効果を発揮します。
但し使用頻度が少ない場合は自作の氷嚢での十分ですから、たまたま膝をぶつけた程度の場合は準備する必要はありません。
尚、特に大きな打撲などもなく膝に内出血が発症する場合は、様々な障害の可能性が考えられます。

引用元-打撲/内出血治療法【膝の打撲・内出血】

膝の打撲による痛みがある場合にやってはいけないこととは?

応急処置をしない

膝を打撲したときに絶対やってはいけないことがあります。
「時間がないから」「対処がわからないから」と応急処置をしないことです。
捻挫や打撲など、さまざまなケガにおいて応急処置はとても大きな役割を持っています。
応急処置をきちんとしておかなければ状態がさらに悪化する恐れがあるのです。
打撲した膝を早く治したい人は応急処置を必ずしてください。
応急処置をしない場合、血行障害が起こります。
最悪なケース、膝を動かすときに必要な神経や筋肉が死んでしまうのです。
「コンパートメント症候群」と呼んでいますが、とても怖い症状になるでしょう。
関節が自由に曲がらなくなり、歩行が困難になってしまいます。
そのため、応急処置はとても大切なことなのです。

引用元-膝を打撲したときの対処について~打撲をしない予防や間違った対処法~

間違った対処法

打撲をしたとき、どのような状態になっているのか確かめる人も多いでしょう。
確かめるために膝を動かすのはNGです。
膝の内部が損傷している可能性もあるため、むやみに動かしてしまえば余計に状態が悪化してしまいます。
確認したい気持ちはわかりますが、できるだけ動かさないように注意してくださいね。膝をぶらぶらする、動かすような対処は間違った方法になります。
骨折やひび、半月板(はんげつばん)損傷、十字じん帯損傷、関節の炎症などさまざまな症状になっている可能性も高いのです。
できるだけ安静にして膝を動かさないことが大切になりますよ。

引用元-膝を打撲したときの対処について~打撲をしない予防や間違った対処法~

膝の打撲により水がたまってしまった場合は?

膝の打撲で水が溜まったときには、膝がぶよぶよとした状態にあり、腫れているような感じが見られたら、病院へ行きまずは水を抜いてもらう事が早めの対策になります。怖いからとそのままにしておくと、痛みも増しますし水ではない場合もありますので、診察してもらうことです。

引用元-膝の打撲の自己判断は危険です

膝の打撲による痛みは接骨院と整形外科どちらを受診するべき?

膝の痛みがおきた時、接骨院と病院の整形外科のどちらを受診したらいいのか悩む場合があります。
近所にどちらか片方しかない場合には、膝が痛いわけですから行ける範囲内の所へ行くのが一番良いという事になります。

ですが両方ある場合にはどうすればいいか。
膝の痛みでも歩行が可能である場合や痛み自体が軽めの場合には接骨院へ、激痛がある場合や動けないようなら初診か整形外科へ行くのがいいでしょう。

ただし、接骨院にはレントゲンの設備が無い事も多く、また手術が必要になるような病状の場合には整形外科へ行くように指示される事もあります。
そのような場合には、一次的な診断なども書き添えてある紹介状を書いてもらえる場合が殆どなので、それを持って病院などに行く事になります。

引用元-膝の痛み…整形外科と接骨院、どちらに行くべき?|膝痛み解放宣言

まとめ

膝の損傷具合によっては歩くのも苦痛になりますね。打撲ぐらいで…と安易に考え、後になって治療が困難になることもあるかもしれません。応急処置を施しても痛みが大きいようでしたら我慢せず受診しましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/dai0810chi/status/655558500077072384


https://twitter.com/arutemisu/status/654677779884019713
https://twitter.com/alkula_rozen/status/653874247287214080″

 - 健康 

ページ
上部へ