皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

自転車のベルはつけないと法令違反?自転車は車と一緒?

      2016/06/27

自転車のベルはつけないと法令違反?自転車は車と一緒?

自転車は私たちには一番身近な乗り物ですね。子供から大人まで幅広い年齢層の方が乗れるのは便利ですが、みなさん自転車にベルはつけてますか?ついていないと法令違反にも!!今更聞けない自転車のルールについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


自転車ベルの役割って何?

自転車のベルは、警音器であり、自動車のクラクションに相当するものである。「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所では、ベルを鳴らさなければならない。それ以外には、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、ベルを鳴らしてはならない。

引用元-警音器(ベル)の使用 | 自転車の道路交通法(交通ルール)

ベルをつけないのも違法!ベルをむやみに鳴らすのも違法?

昔はよく歩道を歩いてる人にベルを鳴らしてどかせている光景はよく見かけました。鳴らされてる方も「気づかずにゴメンなさい」と言わんばかりにサッとどけてくれます。

歩行者は自転車の邪魔になってると思っての行動ですが実は大きな間違えがあったのです。自転車はそもそも車道を走行しないといけないのに、歩行者の為の歩道を走りどけと言わんばかりにベルを鳴らす行為は違法だったんです。

引用元-「電動ママチャリ」歩道爆走は罰金も。ベルでどかすのは違法。:スコップ:So-netブログ

ベルをつけないのは法令違反

ロードバイクやクロスバイクのようなスポーツバイクの場合、ベルが標準で装備されていないものも多く、そのままベルを付けないで乗られている自転車も見られますが、これでは法令違反となってしまいます。道路交通法第54条では、指定されている場所を通行する場合、警音器(自転車においてはベル)を鳴らさなければならないことが定められています。

第54条では、ベル装備の義務について具体的に述べられているわけではありませんが、ベルのない自転車ではこの条文を守ることができないため、間接的に違反に該当すると解釈されます。

また、多くの都道府県では、道路交通法施行細則などにより第54条を補完し、明確にベルの装備を義務付けています。とは言っても、ベルはライトや反射板ほど行政に重要視されていないのも事実。特にスポーツタイプの車両に限っては暗黙の了解で許されている場合もありますが、やはり安全のためにはあって困ることはないでしょう。

引用元-自転車に乗るなら必須!おすすめ自転車ベル3選と正しい使い方 | FRAME : フレイム

自転車の法律と事故

スピードが出ない乗り物だからすぐ止まれる、人にぶつかってもたいしたことない。その思いとは裏 腹に、自転車の死亡者数は年間1000人近くにのぼる・・・その原因の多くは自転車側の法律違反によるものが多い。あなたは、どの位自転車の法律をご存知でしょうか?

自転車は歩行者と同じと思っている方がいまだ多いですが、道路交通法では「軽車両」の扱いとなります。軽車両は、違反、罰則に対して、自動車でいう青切符(反則金)というのがないので、いきなり赤切符(罰金)で前科が付いてしまいます。

また事故などで他人に怪我をさせてしまった場合、刑事上の責任だけでなく、損害賠償も請求される民事上の責任も問われます。最近では、自転車の無灯火などのモラル低下による、相手を死傷させる事故が増えています。

無灯火であったために未成年に損害賠償が命じられた例も記憶にある方いるのではないでしょうか?たかが自転車ではありません。立派な車両なのです。

引用元-自転車の法律と事故防止|サイクルベースあさひ ネットワーキング店

自転車にも安全講習義務が発生します

平成27年6月1日に、改正道交法により罰則が変わりました。

3年間のうち2回以上、違反行為を摘発された自転車利用者は、公安委員会の命令を受けてから3カ月以内に、安全講習を受講する義務が発生することが決まりました。

この安全講習には、1回5700円の受講料がかかります。また、受講命令が出ているのに受けなかった場合5万円以下の罰金が科されます。

違反行為は以下の14項目で、自転車の歩行者妨害などが、あります。

引用元-歩道で自転車にベルを鳴らされた!無視してもいいの? | なるほど!そうなんだ!

まとめ

自転車のベルは車のクラクションと同じ扱いだったんですね。歩行者へ通りますなんて軽い気持ちで鳴らさないように注意しましょう。

twitterの反応

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ