皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

花粉を絶対につけたくない!布団にカバーで解決!

      2016/06/27

花粉を絶対につけたくない!布団にカバーで解決!

花粉のアレルギーって、本当に大変ですよね。

布団や洗濯物は生活には必要なので注意したいものです。

布団を干すには、後から除去するよりカバーに人気があるようです。

今回は、花粉に対するグッズについて調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

布団干しカバー

「ふとんは干したいけど、花粉やほこり、排気ガスや鳥のフンが心配で…。」
花粉ガード ふとん干し袋は、そんなお悩みを解消します。

花粉ガード 布団干し袋は、紙おむつや防塵作業服などにも使われている 超極細繊維の「SMS不織布」を使用 しています。目が非常に緻密なため、空気だけを通して一年中飛びまわる花粉・ホコリは徹底ガードします。花粉症対策にも効き目を発揮します。
また、太陽熱を吸収するブラックタイプなので、袋内の温度は短時間で上昇し、ふとんもすぐにふっくらと乾きます。日照時間の少ない冬場や、午後になるとベランダが影になってしまい、なかなかお布団が乾かないとお悩みの方にもピッタリ!
花粉症対策以外にも、日々のお布団干しにも大活躍の「布団干し袋」です。

引用元-−-SAKAI ふとん工場サカイ

こちらの商品は、布団を干したくても、花粉や粉塵、ホコリ、排気ガス、鳥のフンなどが気になって屋外に干せないといった場合にご利用頂ける、花粉対策ふとん干し専用袋です。

また、『黒』が太陽光を浴び、太陽熱をたくさん吸収するので、ふとん袋内部の温度も急上昇↑。
布団に付着したダニも撃退します。

引用元-−-SAKAI ふとん工場サカイ

花粉グッズ・【くびにかけるくん】

◆マスクのゴムひもを“耳にかけない”から耳が痛くならない!!
◆ マスクは、風邪やインフルエンザの流行、花粉が飛散する季節に欠かせないアイテムですが、長時間使用しているとゴムひもで耳が痛くなるというデメリットがあります。これを解消するアイテムとして、ゴムひもを首の後ろで固定する特殊パット「くびにかけるくん」を開発しました。 【特徴】 ・これまで類似商品として、ひもにカバーをするなど、耳を守る商品はありましたが、耳の痛みの軽減はできても、根本的な対策ではありませんでした。しかし、「くびにかけるくん」はそもそもゴムひもを“耳にかけない”構造のため、耳が痛くなりようがなく根本的な対策品になっています。 ・製造時に化学発泡剤を使用せず、ポリオレフィンフォーム特有の嫌な臭いが一切ない発泡体を採用。
・やわらかくて軽く、柔軟性があるため首元にフィットし、通勤・通学時はもちろん、メガネをかけたり眠る時など、長時間着用していても耳が痛くならない構造です。
・首回りや頭の大きさに応じて調整できるよう、3ヶ所の調整穴があり、どなたでも負担に感じることなく、マスクを長時間着用することができます。
・使い捨てタイプの安価なマスクでも耳の痛さを感じずに着用することができるので、必需品のコスト削減にも役立ちます。 「ワールドビジネスサテライト トレたまで紹介されました!!」

引用元-−-アマゾン

洗濯物保護カバー 洗濯日和

●「雨が降りそう」「花粉や黄砂、PM2.5など汚染物質がきになる」「直射日光による洗濯物の日焼けが気になる」「洗濯物への視線が気になる」などのすべての悩みを解決する
●カバー部分には梨地フィルムを使用しているので雨はもちろん花粉や黄砂、火山灰やPM2.5などの汚染物質の付着を軽減してくれる
●梨地なので洗濯物の日焼け防止や目隠し効果もある
●両サイドには立体メッシュを使用しているので、雨の侵入は防ぎながら風は通する
●使用しない時はホック付きベルトで固定してコンパクトになる
●物干し竿の端に移動できるので場所を取らない

引用元-−-アマゾン

雨や花粉やほこりをよけてくれるし、カバーとしては気に入っています。
窓の外からの視線避けにも一役かってくれている気もします。
よくサイズをはかって購入されることをおすすめします!

引用元-−-アマゾン

花粉除去スプレー「アルゲンストップ アレル物質対策に! 400ml」

「アルゲンストップ アレル物質対策に! 400ml」は、ダニ・スギ花粉、イヌ・ネコのアレル物質の働きを低減するハウスダスト除去スプレーです。アレル物質に含まれるタンパク質や糖に直接作用し、働きを低減します。
●小さなお子様のいるご家庭でも安心してご使用できます。
●換気の心配や、マスク・手袋が必要なくご使用できます。
●反応後は水に還元しますので、二度拭きは必要ありません。
●ベトつかず、イヤな匂いもほとんどありません。
●除菌や消臭の効果もあります。
●界面活性剤や殺虫剤成分は使用しておりません。

引用元-−-薬ケンコーコム

使用後は水になるということで、吹きかけるだけで終わります。部屋を閉め切っていた時や、花粉対策に重宝しています。

引用元-−-薬ケンコーコム

花粉ブロックスプレー

身体は服で隠せるけれど、どう頑張っても隠しきれないのが髪や顔。そこで取り入れてみたいのが、顔にひとふきするだけでイオンの透明マスクをつくって花粉をブロックできるというスプレー。

イハダ アレルスクリーン ¥900(税抜)/資生堂

魅力的だけど、なんかこういうのって肌や髪がカピカピになりそうな気がする……でも使ってみなきゃわからない! ということで、いざ試してみました。
顔にシューっとかけてみると、細か〜い霧がふわっと顔にかかり、あれ、なんか気持ちいいかも。それもそのはず、天然温泉水配合のミクロの霧でできているから。細かい粒子がキチンと肌に密着し、コーティングしてくれそうな感じがします。髪にかけても、ギシギシしたりしませんでしたよ。
しかもこれ、顔の肌トラブルに特化した資生堂のブランド「IHADA」から新発売された、小さなお子さんでも使える商品なんです。あの化粧品会社「資生堂」が出したスプレーなら、なんか安心かも。小さめだからカバンに入れて持ち運びやすいし、メークやマスクの上からでもかけられるので簡単に花粉ブロックできます。

引用元-−-J・spa

 

掃除機はダメ

最近の研究では、花粉症といっても花粉そのものが症状を引き起こすのではなく、 花粉が持つアレルゲン*が原因であり、そのアレルゲン*は、 花粉の表面よりも内部に多く存在しているsearch ということが明らかにされ、 学会にも報告されているそうです。

*アレルゲン=アレルギーを引き起こす原因物質

実際、屋内でも屋外でも、スギ花粉のサイズ(30〜40ミクロン)よりも、はるかに小さい0.76〜7ミクロンの スギ花粉アレルゲンが大量に浮遊しているそう。
花粉は掃除機に吸い込まれると、 強力な風圧やフィルターを通る衝撃で バラバラに砕かれ、細かくなります。
細かくなった花粉アレルゲンは紙パックの目を通りぬけ、 多くが排気口から出てしまっていると考えられますup

PM2.5と反応してより細かくなった花粉の粒子も排気口から、吐き出されているかもしれません。
掃除機で花粉を除去しているつもりが花粉アレルゲンを作り出して部屋にまき散らしているとすると・・・ とても悲しいですね。

引用元-−-DUSKIN

花粉の掃除のポイント

1.お掃除は花粉が降りてきてから

お掃除のタイミングは、室内に舞っている花粉が床に降りてきたあと。人の動きがなくなってから1時間後が目安です。

2.掃除機の前にふき掃除

掃除機をかける前に、まず花粉の侵入しやすい玄関や窓際をふき掃除しておきましょう。そして、しっかり丁寧に掃除機をかけます。

引用元-−-Lidea

まとめ

花粉がPM2.5と反応することで花粉症が悪化することが懸念されているそうですね。PM2.5が花粉と反応することで、より粒子の細かいPM1.0となって肺の奥まで入り込み、それが人体の免疫力低下をもたらし、より深刻なアレルギー症状を引き起こすらしいのです。外出時は普通のマスクではなく工業用の防塵マスクを使うと良いそうです。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/ikeyui21/status/599973705125531648

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ