皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

衣類が長持ち!洗濯ネットを使う意味は大きい!

      2016/06/27

衣類が長持ち!洗濯ネットを使う意味は大きい!

家で洗濯をして「お気に入りの服が縮んでしまった」「ほかの衣類の色が移ってしまった」なんていう経験はありませんか? 日々の生活に欠かせない洗濯ですが、ちょっとしたことで衣類が台無しになってしまうことも…。

お気に入りの衣料は、洗濯する前にマークを調べ繊維を確認する必要があります。今回は、洗濯ネットを使う意味について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


洗濯ネットを使う意味

洗濯ネットを有効活用することで、洗濯時に服に与えるダメージを軽減させることができます。そのため、傷みやすい服に関しては、洗濯ネットに入れて洗濯するようにしましょう。

洗濯すると縮んだり伸びたりしてしまうニット、首元が伸びてよれよれになってしまうTシャツ、他のものと絡まりやすいタイツのようなものが、洗濯ネットに入れたほうがいいものとなります。

洗濯ネットに入れるときには、服を裏返しにするなどで、さらに服に与えるダメージを軽減するようにしましょう。

また、洗濯ネットの大きさは、その服に対して、大きすぎず、小さすぎずという物を選ぶこともポイント!

引用元-洗濯時に気を付けたい服を長持ちさせる3つのポイント | ママスタセレクト

洗濯ネットに入れた方が良い衣類は?

洗濯ネットに入れた方がよい衣類は以下の通りとなります。

■ ニットなどや型崩れしやすい衣類
■ ビーズなどの飾り付の衣類
■ ヒモ付の衣類など他の衣類と絡まる衣類
■ 生地が薄いブラウスやストッキングなど
■ 濃色の衣類

引用元-洗濯ネットの使い方/洗濯上手になる方法

洗濯のネットの「デリケートな衣類」の意味は?

洗濯ネットにはどういう衣類を入れれば良いのですか?そもそも洗濯ネットの役割とは?
調べると「デリケートな衣類」とのことですがどういう意味でしょうか?

引用元-洗濯ネットにはどういう衣類を入れれば良いのですか?そもそも… – Yahoo!知恵袋

洗濯機の中で衣類は絡み合ったり擦れあって、デリケートな生地は毛玉になったり伸びたりします。
例えばTシャツとかはそのまま洗濯機に突っ込むと首まわりが伸びやすいです。セーターを自宅で洗う場合もネットに入れないと毛玉になります。(まあこれは手洗いが一番でしょうけど、その場合もネットに入れて押し洗いするといいです)
それらを予防する為にネットに入れるんだと思います。
擦ったら毛玉になりそうだったり、洗ったら伸びたりするのがデリケートな衣類になるかと。
お気に入りの服とかはネットに入れて洗う方が長持ちすると思いますよ。
ネットに入れて悪いことはないです。
後は靴下を何足も洗う時とか、小さいものはネットに入れるとバラバラにならなくて取り出す時便利です。

引用元-洗濯ネットにはどういう衣類を入れれば良いのですか?そもそも… – Yahoo!知恵袋

洗濯時にネットを使う「デリケートな衣類」

「目の粗さ」も洗濯ネット選びのポイント。目の細かいタイプは、デリケートなアイテム、色柄もの、装飾のついたものの洗濯に使いましょう。ストッキング、ブラジャーをはじめとするデリケートな衣類を、洗濯時の傷み・型崩れから守り、タオルの繊維などが付着するのを防いでくれます。また、他の洗濯物からの色移りを防ぐのにも効果的。薄い色のアイテムを入れるのにも適しています。傷み・色移り以上に、汚れが気になるアイテムを洗う場合は、目の粗いネットがおすすめです。衣類に付着した汚れ・糸くずなどを外に出しながら、中身を守ってくれます。
 ホームクリーニングでは、丈夫なものとデリケートな素材をまとめて一緒に洗う機会が多くなりがちです。まずは、衣類のタイプに合ったネットを使って、傷みや色移り、シワを防ぐようにしましょう。

引用元-洗濯機洗いにはマスト!洗濯ネットの活用でデリケート衣類の洗濯もこわくない| クリーニングのプロが伝授!家庭での洗濯のコツとポイント

洗濯時のネットは傷みやすい衣類には必須

洗濯ネットを有効活用することで、洗濯時に服に与えるダメージを軽減させることができます。そのため、傷みやすい服に関しては、洗濯ネットに入れて洗濯するようにしましょう。

洗濯すると縮んだり伸びたりしてしまうニット、首元が伸びてよれよれになってしまうTシャツ、他のものと絡まりやすいタイツのようなものが、洗濯ネットに入れたほうがいいものとなります。

洗濯ネットに入れるときには、服を裏返しにするなどで、さらに服に与えるダメージを軽減するようにしましょう。

また、洗濯ネットの大きさは、その服に対して、大きすぎず、小さすぎずという物を選ぶこともポイント!

引用元-洗濯時に気を付けたい服を長持ちさせる3つのポイント | ママスタセレクト

まとめ

お気に入りの衣類は大事なものです。着たい時にベストの状態で着るために、着た後、その場その場で正しく対応しておけば着るもので迷うことはありませんよ。

twitterの反応


 - 生活 暮らし

ページ
上部へ