皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

赤ちゃんが生まれた後の夫婦の寝室はどうなる?

      2016/06/27

赤ちゃんが生まれた後の夫婦の寝室はどうなる?

結婚して赤ちゃんが生まれて生活環境が変わり

お母さんは赤ちゃんと寝ることが増えますよね。

そうなると夫婦の寝室は

どういうスタイルに変わっていくのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


夫婦一緒に寝室で寝ているか?

はじめに、「旦那様と同じ寝室で寝ているかどうか」をお尋ねした結果から見てみましょう。『はい』と答えた方は、全体で87%となりました。9割近くの夫婦が、同じ寝室で寝ていることが分かります。別々の寝室で寝ている夫婦は、1割程度となりました。別々の寝室で寝ていると答えた方々の理由は、下記のようなものがありました。

【別々の寝室で寝ている理由】

✓旦那のイビキが気になるというのと、隣に人が居ると眠れないので、初めから一人で寝ることしか頭になかった。(結婚3年目)
✓お互い1人で寝たい派なので結婚初日から寝室は別々です。(結婚6〜10年目)
✓元々旦那と寝ていましたが、子供がベビーベットでは小さくなったため一緒に寝ることになり、旦那は別室の布団へ追いやられました。(結婚11〜20年目)
✓主人は夜勤があるので、自然と違う部屋で寝るようになってしまいました。(21年目以上)

引用元-いまどき夫婦の寝室を徹底調査! | 結婚・同棲で2人で暮らすことを決めた方へ

赤ちゃんが産まれてから、夫婦はどのようなスタイルで寝るか??

我が家は始めの2ヶ月程、夫婦がダブルベッド、子供がベビーベットでした。
ただ、ベットのある部屋が北側で寒かったので、全員で和室(南側)に引っ越してきて布団で寝るようになりました。娘は2歳6ヶ月ですが今もそのままです。
転落の危険もないし、リビングとキッチンから和室は見えるので、早起きした時も安心です。
夜も先に寝かしつけても、夫婦はリビングでテレビ見たりしてます。
家の間取りとか、夫婦の生活スタイルによって変わってくると思いますが、ご参考までに。

引用元-今、夫婦がダブルベッドで寝ている場合、生まれ赤ちゃんは? – 妊娠 | 教えて!goo

夫婦が寝室を別にする理由3つ

恋愛中は片時も離れたくないと思い、新婚時代は同室で寝ているのに、なぜ別室で寝ることを選ぶようにるのでしょうか?

1 妻が子供と一緒に寝るから

出産をきっかけに、別々の部屋で寝るようになった夫婦が多いようです。
そして、子供がある程度大きくなり、一人で寝ることができるようになっても、夫婦の寝室は別室のままになっているようです。

・夜泣きで夫が熟睡できず、仕事に支障をきたさない
・妻が夜泣きを自分一人に押し付けられることに、ストレスを感じる
・部屋が狭くてダブルベッドは置けないし、家族全員の布団もひけない

2 いびきなどの騒音で熟睡できないから

いびきや歯ぎしり、寝言などがうるさくて眠れない…といった理由から、夫婦の寝室を別にしたという夫婦も少なくないようです。
確かに横でいびきをされたら、なかなか寝つけない人もいると思います。

また、恋人時代の若くて体力がある頃と違い、寝不足が体に与える影響は年々増していきます。そのため自分のペースで眠ることを求める人は多くなっているようです。

・パートナーが夜中にトイレに起きるため、目を覚ましてしまい、そのまましばらく眠れなくなる
・夫が夜更かしで、音や光が気になって眠れない
・旦那の寝相が悪く、寝がえりの音や振動が気になる
・夫の帰りが遅い

3適度な距離を保ちたいから

本来自分一人の時間を持ち、自分の内面と向き合う時間は大切でしょう。結婚前は自分だけの時間が持てたのに、結婚後にそのような時間を持てないことにストレスを感じる人も少なくないようです。
そのため、夫婦がお互いに適度な距離を保つためにも、寝室は別の方が良いと考えるようです。
また、寝ながらスマホを使いたい人も多いです。スマホいじりや自分のペースで趣味をする時間を確保するために、夫婦別室にするケースもあるようです。

引用元-【夫婦の寝室を別にする悪影響】同室にしない夫婦増加の理由とは – マーミー

寝室の使い方の変化のきっかけは「赤ちゃんの誕生」

授乳や夜泣きのために親(特に母親)が子どもと一緒に寝るようになり、夫婦と子どもが、いわゆる「川の字」になって寝ることがスタンダードになるようです。「結婚当時は寝室のベッドで寝ていましたが、子どもが生まれてからはベッドだと落ちてしまうのがこわいので、1階の畳の部屋で布団で家族全員で寝ています」というように、「子どもの安全のため布団に」→「畳がいい」→「和室がいい」となる家庭も多いようです。
また、「夫」が別室になるのも、同様に「子どもの誕生」がきっかけになるようです。
理由を見てみると、「夫の寝る時間が遅かったり朝早かったりするので子どもを起こしたくない」、「夫の眠りが浅いので、子どもの夜泣きで起こされると仕事がつらくなるため」、「出産してからは、お互いに子どもが寝ないとイライラしてしまい喧嘩になるので」などいろいろ。
「子どもの誕生」以外には、「夫のいびきがひどくなって」、「夫のエアコンの設定温度が低すぎる」という理由もありました。
また、「以前は1部屋に家族5人で布団を並べて寝ていましたが、今は部屋数もあり、就寝時間も違うため、夫は別室になりました」など、家を買ったことで変化するケースもありました。

引用元-子どもと一緒に寝るママが9割、欧米諸国も驚きの日本の夫婦の寝室事情 | スーモジャーナル – 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

みんなの赤ちゃんの「寝室」事情

ママパパのベッドで添い寝派

ママパパのベッドで添い寝する場合、夜中のミルクやおむつのケアが楽なのが利点。
ママがミルクを作る間、パパがおむつを替えたり、あやしてくれたり、
と夫婦で連携して助け合えるのも良いようです。

ただし、翌日仕事で眠る必要があるパパの場合、
夜中のケアが負担で大変、パパのいびきで子供が起きちゃった…
なんていうデメリットも。

ある調査によると、ベッドでの添い寝の場合、
赤ちゃんが起きる回数が増えるという結果もあるのだとか。

ベッドだとどうしても、振動が一緒に眠る人に伝わってしまいます。
大人だと気にならない程度の振動も、赤ちゃんは驚いてしまうのかもしれません。

また、ベッドからの転落も心配。
寝返りが打てない時期でも、手足をばたつかせている間に、
場所が移動してしまうこともあります。

ベッドで寝かせる場合には、ベッドガードをつける、目を離さない、
ベッドを壁づけにして落ちないようにするなど注意が必要です。

パパママの布団で添い寝派

ベッドと同じくパパママとの距離が近く、
夫婦で協力した夜のケアができることがメリットです。
添い乳ができることをメリットに上げるママさんが多い一方で、
卒乳が遅れるという声もあるようです。

ベッドとは違って、転落の心配もないので安心です。

お布団の場合は、毎朝の上げ下ろしが家事に追加されてしまいます。
敷きっぱなしだと、汗や湿気がこもって、
健康に良くありません。

お産直後のママには重労働なので、パパの協力が必須です。

ベビーベッドで眠かせる派

添い寝・添い乳はできませんが、ベビーベッドの高さが、
おむつ替えのときに楽で快適というママが多いようです。

ママパパの生活時間とは違うリズムで眠る赤ちゃんにとっては、
いつでも専用の空間で眠れるベッドは快適です。
ママパパ振動で起こされることもありませんし、
調規定に見るとベビーの自立心を養うことにもつながります。

デメリットは何と言っても、夜中のケア。
隣にいればトントンさせられるところを、
ちょっとした夜泣きでも、
起き上がってあやしに行かなければなりませんし、
添い乳は無理。

低月齢で特に手がかかる時期の大変さを、
どう乗り越えるかがベビーベッドで寝かせる上での課題です。

引用元-赤ちゃん寝室 添寝派?ベビーベッド派? | 赤ちゃん部屋作り.com

まとめ

各家庭で色々状況が違うので各家庭で話し合って一番ベストな形がいいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/tondemonai_wana/status/322929964750086144″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ