皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

足の甲を打撲したあとに痛みが引かなかったら・・・

      2016/06/25

足の甲を打撲したあとに痛みが引かなかったら・・・

日常生活を送る中でうっかり足の甲に物を落としたり、転んだりして打撲を負うことがありますよね。歩けるから大丈夫と思って放置していると痛みが引かないこともありますが、実は骨折していたということもあり得ます。打撲した時の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


足の甲に強い痛みを感じる場合の治療法

足の甲に強い痛みを感じる場合の治療法について確認しておこう。

まず足の甲に違和感を感じるような場合は既に患部に炎症を生じている可能性がある為、応急処置治療としてまずアイシング処置を行う。

アイシング処置を行なうと痛みは一時的に緩和されるが、そこで運動は再開せずにその日は安静を保つように心がける事が大切。

もし痛みの引いた次回の練習時に痛みが再発するようであれば、やはり疲労骨折の可能性が検討される為、速やかに整形外科でレントゲン検査を受けるようにしよう。

また既に足の甲に腫れが見られるケースや痛みがかなり強いような場合は直ぐに運動を中断し、やはり骨折の有無を確認する為に病院の診察を受ける事が大切である。

病院では運動の継続が許可されるケースもあるが、運動制限の指導を受けるケース、そして直ちに運動を中断し治療を開始すべきケース等、症状の程度によって治療方針の指導を受けることになる。

実際の治療では安静を保ちながら症状の回復を見込む自然治癒力を根底とする治療が基本となり手術などを行なう事はまずない。

レントゲンで明らかに骨折がはっきりと映るケースではギプス固定を行なう事もあるが、多くは安静を中心とした保存療法による治療を行なう事になる。

引用元-【図解】中足骨疲労骨折|足の甲の痛みの原因と治療法

足の甲に打撲を負ったら早急な対応を

打撲とはそもそもどんな状態なのか?

足の甲に打撲を負ってしまう。そんな経験をしたことがある人は多いかもしれませんよね。テーブルの上にあったお皿を落としてしまって、足の甲に直撃した。ドアの角に思いっきりぶつけてしまったなど、生活のふとしたときにやってしまうものです。
 
打撲とは強い衝撃によって、皮下組織が破壊されることで痛みや内出血などを起こす症状です。ぶつけた時、細胞はぼろぼろになってしまっているのです。また、血管が破れた、もしくは損傷箇所を治すために血液が多大に流れるために内出血を起こします。
 
患部は大きく腫れ紫色に変色し、痛みを伴うのが打撲の一般的な症状です。このため、打撲を負ってしまったときの早急な対応が今後の治療期間を決めるといっても過言ではないのかもしれません。

引用元-足の甲に打撲を負ったら気をつけるべき2つのこと

足の甲の痛みが引かない時にはすぐに病院へ

打撲、骨折は基本的には同じ症状を発症します。赤く腫れたり、痛みを伴うなどです。判断が難しいのですが、一つだけそれらを見極めるものがあります。それは受傷後の回復期間です。
 
打撲によって足の甲の腫れを発症しても、数日程度、長くても1週間程度で治まります。しかし、骨折の場合いつまでも腫れは治まらず、痛みが長引いてしまうという特徴があります。
 
このためいつまで経っても治らない、痛みが引かないといった場合は骨折の可能性があります。そのような場合は、すぐに病院に行って、レントゲンなどの精密検査を受けることをおすすめします。

引用元-足の甲に打撲を負ったら気をつけるべき2つのこと

足の甲を打撲したら放置しない

打撲は腫れや内出血を起こしますが、見た目からは症状のひどさはわかりませんよね。ですが、時として骨折等を起こしていることもあり、きちんとした処置をする必要があります。
 
そのため、まず第一は症状を放置せず、きちんと対処するようにしてください。では、具体的な対処法にはどのようなことがあるのでしょうか?
 
足の甲に限らず、打撲の場合アイシングが効果的です。患部に保冷剤を当て、冷やしてあげるようにしてください。腫れや痛みが引くまできちんと処置してあげましょう。

引用元-足の甲の打撲をしたときに注意すべき3つのコト « 40代からの生活習慣病との付き合い方

足の甲の打撲をしたとき、痛みが続いたら骨折を疑う

痛みが続いたら骨折を疑う

骨折にはいろいろな種類があります。足の甲をぶつけた時に激痛が走ることもあれば、ズキズキと痛みが続くようなことがあります。特に気をつけなければならないのは後者で、理由は症状が軽いと判断して放置してしまい治療が遅れるためです。
 
歩けないほど痛みが走れば、本能的にやばい!と感じるでしょう。しかし、痛みが少ないとき、単なる打撲と判断し、痛みがあるけど大丈夫と思ってしまうこともまた危険なことなのです。
 
いつまでも痛みが引かなかったりしたら、それは骨折、特にひびが入っているかもしれません。レントゲンを撮り、きちんとした治療を受けることをオススメします。
 
○どんなときも注意を払う
足の甲の打撲が起こったとき、それをどう判断するかが大切です。痛みが少なければ心配はないかもしれませんが、一方で痛みが続くようでしたら一応検査を受けたほうがいいでしょう。
 
足は一生使うもの。足の甲の打撲だからといって処置を怠らないようにしてくださいね。

引用元-足の甲の打撲をしたときに注意すべき3つのコト « 40代からの生活習慣病との付き合い方

まとめ

足が不自由だと部屋の中はもちろん、外出する上で億劫になりますし社会生活がスムーズにいかないことだらけになってしまいますよね。上記のことを踏まえて早く社会復帰できるといいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/ryooo428/status/505333742718550016

 - 健康 

ページ
上部へ