皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

      2016/06/25

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等で辞職して責任を取ると耳にしますが、果たしてそれは正しい責任の取り方なのでしょうか?仕事における責任の取り方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


仕事における責任の取り方とは

周囲に責められて精神的に苦しい思いをして、それでもそれを取り返そうとがむしゃらに仕事をする。これは相当パワーがいることです。もしかすると、減俸や降格よりもずっとずっと力がいることかもしれません。ですが私は、減俸だ降格だと形だけの制裁で終わらせるより、その方がずっと会社のためになると思うんですよね。
 もちろん、本人が失敗を取り返そうとがむしゃらにならなければ何の意味もありません。皆さんには、失敗に対して落ち込んで悔やんで、取り返そうとがむしゃらになって欲しいのです。それが責任感であり、失敗を取り返すことが「責任を取る」ことだと、私はそう思います。

引用元-第2回 懲りること、それが責任を取ること

管理職の仕事における責任の取り方

よくあるドラマのシーンなどで、管理職の責任の取り方として、「責任を取って辞めさせていただきます」というフレーズを良く聞きます。果たしてそれは正しい責任の取り方といえるのでしょうか。

「責任を取る」というのは、きちんと後始末まですることです。最後まで面倒を見てこそ、「責任を全うした」、つまり正しい責任の取り方と言えます。

管理職になる前に今一度「責任」とは何か深く考えてみる

責任の取り方についての説明になってくるのですが、責任とは一体何なのかを、しっかりと考えてみましょう。仕事を任されたのであれば、その仕事がダメになろうが、成功しようが、結果はその責任者である管理職にかかってきます。

つまり、仕事の責任は基本的には、管理職に就いている人に責務があるのです。だからこそ、辞めるという責任の取り方は、むしろとても無責任なのです。

業務に何かトラブルがあっても、辞職ではなく、しっかりその業務が終結するまでの方法を考え実行してこそ、責任を全うした、正しい責任の取り方と言えるのではないでしょうか。

引用元-管理職の力量が問われる2つの役割と正しい責任の取り方 | キャリアのことならキャリアパーク

新入社員の仕事における責任の取り方

新入社員であるあなたが、失敗をしたときにどう責任を取ればいいか、と言えば、これはもう

★ 素直に失敗を報告し
★ 素直に謝り
★ 素直に叱られて
★ その失敗を自分のこととし、
★ そこから学べる限りのことを学び取る

と言うこと、この5つに尽きるのです。

引用元-【1日3分トーク術】新入社員の責任の取り方 : 自身力を高める思考のヒント

失敗からきちんと学び取り、その学びを通じて、その後の自分の仕事の取り組みで、その損失の埋め合わせをする、という方法しかないんだと思うんですよ。

やめて責任を取る、というのは、実は責任を取っているのではなく、会社も、自分自身も、失敗の所在をうやむやにして、対外的に形だけつけた、と言うだけの話ではないか、と私は思うのです。

だから、失敗して会社に損害を与えたとき、責任を取ってやめるという選択は、ビジネスの世界においては、ただの逃げ以外の何者ではない、と言うことをぜひ覚えておいてください。

引用元-【1日3分トーク術】新入社員の責任の取り方 : 自身力を高める思考のヒント

欧米での仕事における責任の取り方

欧米では、社員の不祥事などに、トップや上司が直接かかわっていない限り、責任はあくまで個人に向けられるのみ。でも、その結果会社の業績がダウンすると、「会社の利益をあげるという職責を全うできなかった」ために、トップはその手腕を追求されるのです。

引用元-欧米と日本の責任の取り方の違い (ニュースの英語と時事解説・山久瀬洋二)

事件がおきて、ただトップが責任をとって辞任し、譴責されても、欧米流にみれば、何の解決にもなりませんね。だから、日本流の責任の取り方は、彼らからみると不可解です。今の政治の世界でも、部下の失言などで、首相の責任がいつも取り上げられていますが、これも海外からみれば不可解ですね。

引用元-欧米と日本の責任の取り方の違い (ニュースの英語と時事解説・山久瀬洋二)

退社する場合のステップ

STEP1 仕事の責任のとるけじめかた

人間関係、自分自身の方向性の違い、会社との いざこざやトラブル・・・ 対処できなかった反省点もふくめ。 とりあえずは、この会社では、就業できないと 判断したら、上司や友人にまず、相談してみましょう。

STEP2 解決法をいそがないこと

やめる判断がただしいかは、いろんな人の意見をきいてからにすべきですし、 次なるステップが固まらないうちに、やめてしまっては、一からの出直しになり、 つまづきや、挫折による再就職は、 厳しいものと心得ていくべきでしょう。

STEP3 熟考して判断して辞めることを決定してからのやめかた

立つ鳥跡を濁さずという、ことわざもあるとおり。。。 節目の日には、一人ひとり、お菓子をくばり、 あいさつして、礼儀をつくし、誠意をもって、 退社するまでは、そこの会社の従業員であるわけですから、最後まで、入社していただいた感謝の念をもって さわやかに、しこりを残さず、退社していくことです。

引用元-仕事の責任の取り方|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]

まとめ

ミスが起こった仕事を、最後まで責任を持って全うすることが正しい責任の取り方で、途中で辞職することは逆に無責任といえますね。ミスの原因を解明し、次に生かすことが将来的に会社にとって、仕事の責任を取ったことになりますね。ミスをしてもめげず、次に繋がるよう努力しましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/sasananashes/status/702074848307097600


https://twitter.com/Sakura_Yuminyan/status/692631682176823296

 - 仕事 経済

ページ
上部へ