皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

運命のいたずら?人間なのに動物のように育った子供

      2016/06/27

運命のいたずら?人間なのに動物のように育った子供

みなさん「野生児」という言葉をご存知でしたか?

人間なのに動物と一緒に、

また、動物に守られて育った子供の事です。

今回は、人間なのに動物と一緒に育った子供についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


野生児−人間なのに動物に育てられた子供

野生児(やせいじ、feral child)とは、なんらかの原因により人間社会から隔離された環境で育った少年・少女のこと。野生人(やせいじん、feral man)とも[1]。特に狼に育てられたと伝えられる事例は多く、wolf child(日本では狼少年、狼少女、狼っ子(おおかみっこ))といわれる。

引用元-Wikipedia 

野生児が発見・保護された場合、後述するように社会性を失い痴愚的な状態となっているため、人間らしくするための教育が行われることが多いが、ほぼ完全に人間らしさを取り戻した事例は少ない。比較的回復に成功したと考えられるケースとしては、カスパー・ハウザー、小ターザン、ソグニーの少女、隔離児イザベルなどが挙げられる(主な事例の節を参照)。保護された野生児を教育しなおす場合、「動物化した子ども」「孤独な子ども」のケースでは動物との生活や野生での生活で身につけた習慣・条件付けを除去しなければならないが、「放置された子ども」のケースではその必要性はないため、孤立の期間が短ければ回復できる場合が多い[14]。

引用元-Wikipedia

人間なのに動物と一緒に過ごしてきた野生児の特徴

もともと野生人という概念は生物学者のリンネが著書『自然の体系』において初めて科学的に扱った[16]。リンネは野生児ピーターやクラーネンブルクの少女、ソグニーの少女などの実例をいくつか挙げ、野生人の特徴として

四つ足
言葉を話さない
毛で覆われている

の3つを指摘した。このうち3つ目の多毛という特徴は妥当でないことがわかっている(多毛であると報告された野生児の事例の方がわずかである[17])。ただし、正常な歩行が困難・音声言語を持たないという特徴は多くの事例に適合する[18]。

このほかに、野生児には

暑さや寒さを感じないなど感覚機能が低下している
情緒が乏しく人間社会を避ける
羞恥心が無く衣服を着用しようとしない
相応の年齢になっても性的欲求が発現しにくいまたは発現しても適切な対象と結び付けられない
生肉・臓物など調理されていない食品を好む

といった特徴がしばしばみられる[19]。

引用元-Wikipedia

人間なのにチンパンジーに育てられた子供

ナイジェリアのチンパンジーボーイこと、ベロは1996年に森の中で見つかった。正確な年齢はわからないが、発見されたとき2歳くらいだったと言われている。生後6ヶ月ほどで捨てられたようで、もちろん、ひとりでは生きることはできない。ところがどういうわけか、森のチンパンジーが彼を拾って育てたのだ。ベロはチンパンジーのように歩き、彼らの仕草を多く見せた。
ベロの発見は当時発表されなかったが、2002年になって初めてマスコミがこの事実を知り、本人がカノにある身よりのいない子供たちのための家に住んでいることを突き止めた。当時、ベロは物を投げつけたり、夜に飛んだり跳ねたりして、まわりを悩ませていたという。発見から6年もたつと、だいぶおとなしくなったが、それでもまだチンパンジーのような行動を見せ続けたという。ホームで人間との関係ができたのに、ベロはついにしゃべることを学ばず、2005年、原因は不明だが亡くなった。

引用元-オオカミ少年、犬少女。人間社会から隔離された環境で育った世界10人の野生児たち : カラパイア

人間なのにオオカミに育てられた子供

2007年1月23日、ラタナキリのジャングルの中で、ひとりの少女が見つかった。この通称カンボジアのジャングルガールは、19年間もジャングルの中で暮らしていた。近くの村の家族が彼女が自分たちの娘で、1979年に失踪したロチョム・プニンだということを明かした。見つかったとき、彼女は裸でひどく怯えていた。

引用元-オオカミ少年、犬少女。人間社会から隔離された環境で育った世界10人の野生児たち : カラパイア

母とひつつ屋根の下にいるのに、動物と同じ扱いをされて来た子供

人間の赤ん坊を我が子同然に育てるのは、たいていの場合、イヌ科の動物か、サルまたは類人猿である。哺乳類以外の動物が人間の赤ん坊を育てるということは、まず考えられない。ところが、このたびロシアで非常に珍しい例が報告された。——“鳥少年”である。
“鳥少年”が見つかった場所は、人里離れた森林の中などではなかった。人口110万人を擁するボルゴグラードの一画に所在するアパートの一室で見つかったのである。しかも、現在7歳になる“鳥少年”は生みの母親と同じ屋根の下で暮らしていた。

だが、この母親(31歳)は決して自分の息子に話しかけようとしなかった。彼女は無類の鳥好きらしく、たった2部屋しかないアパートの中には、数え切れないほどの鳥篭が置かれていた。無数の鳥が餌をついばみ、糞を落としながら、さえずっていた。さらに、ベランダでは野鳥にも餌を与えていた。
母親が少年に暴力を振るった形跡はなく、食べ物もちゃんと与えていた。だが決して息子に人間の言葉で話しかけることはなかった。外で近所の子供たちと接触させることもなかったようだ。
こうして7歳まで鳥小屋同然のアパートの中で外界と接触を絶たれて育ってきた少年は、人間の言葉をまったく理解できない。その代わり、鳥たちとのコミュニケーションは得意なようだ。

「話しかけても、鳥のようにさえずるだけです」と地元のソーシャルワーカー、ガリナ・ボルスカヤさんは言う。
ただし、少年にとって、そのさえずりは何らかの意味を持つコミュニケーション手段となっているらしい。自分のさえずりが相手に理解されないことがわかると、鳥が羽ばたくように手を振り始める。はがゆいのだろう。
現在、“鳥少年”は母親から引き離され、児童養護施設に収容されている。まもなく、心理ケア・センターに移されることになっている。
この7歳の少年には、“モーグリ症候群”という診断が下されている。“モーグリ症候群”とは、ジャングルブックの主人公モーグリのように動物に育てられたため、人間の言語や人間としての行動様式を習得できていないことを意味する。

引用元-なんでも評点:“鳥少年”が発見される — 人間の言葉を理解せず、鳥のようにさえずり鳥のように羽ばたく

犬に育てられた?5歳前後の少女を保護 ロシア・東シベリア

イヌのように振る舞う5歳前後の少女が保護された。地元警察当局が27日明らかにした。ペットのイヌやネコに育てられたようだという。
警察発表によると、少女は薄汚れたアパートに父親と祖父母とともに暮らしていたが、ほえたり、食べ物を舌でなめるなど、ペットのネコやイヌと一緒にいる方が快適そうな様子だった。

少女は家の外に出してもらったことはなく、言葉が話せないため、ほえることでコミュニケーションを取ろうとしているという。児童保護局が発見した時は、「汚れた服を着て体も汚れており、子犬のように体をすり寄せてきた」。
また、父親らは「近隣住民との接触を避けるため、実質的にこれまで誰1人部屋に入れたことはなく、自分たちもペットを散歩に連れて行くとき以外は外出していなかった」という。
少女は現在、児童保護施設で医療面、精神面の両方で支援を受けているが、職員が部屋を離れると、少女はドアに向かって飛び跳ねたりほえたりしているという。

引用元-犬に育てられた?5歳前後の少女を保護 ロシア・東シベリア 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

まとめ

救出されたのちにほぼ完全に知的に回復した野生児の事例も存在するほか、何人かの野生児は野生で生き延びるための手段を見出すらしいです。

twitterの反応

https://twitter.com/raimulimeee/status/620970578673963008


https://twitter.com/ziporurori/status/619482071552036866

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ