皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

野菜を上手に冷凍保存して、弁当のおかずにしよう!

      2016/06/25

野菜を上手に冷凍保存して、弁当のおかずにしよう!

毎日のお弁当に欠かせないのが冷凍保存した惣菜ですよね。

今回は、野菜の冷凍と、

それをうまく使えるお弁当のレシピについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

家での野菜の冷凍について

ダメージを防ぐ、冷凍前の下ごしらえ

食品の細胞の水分が多いと、当然、氷の結晶は多くなり、細胞が受けるダメージは大きくなります。しかし、ある“下ごしらえ”で食品内の水分量を少なく抑えれば、氷の結晶は少なくなるので、ダメージも抑えることができます。その下ごしらえとは…

1. 調味料で水分を引き出す

調理の際に肉や魚に塩をふると、水気が出てきますが、それは浸透圧の関係で細胞から水分が引き出されるため。その状態で冷凍すれば、細胞内の水分が減少し、氷の結晶は小さく抑えられるので、生で凍らせるよりダメージを減らせます。

2. 野菜類はゆでる

野菜やくだものは、水分量が80〜90%と多いため、冷凍して解凍するとドリップがたくさん出ます。サラダなどシャキシャキした状態で食べるものには冷凍は不向きですが、青菜や根菜類などの多くの野菜は、さっとゆでてから冷凍すると、食感の大きな変化や変色などを防げます。かためにゆでることを「ブランチング」といい、市販の冷凍野菜でも用いられている手法です。熱によって酵素がこわれるので、栄養価も失われにくくなります。

こんなメリットもある
①.冷凍で細胞は多少こわれるので、下味をつけておくと、中まで味が入りこみ、調味料の量が少なくてすむ。減塩にも!
②.冷凍中の乾燥が防げる。
③.下ごしらえがすんでいるので、使うときに、調理時間が短縮できる。

引用元-−-ベターホームのお料理教室

ブランチングとは? ブランチングによって栄養価をのがさない。

「ブランチング」は、酵素の働きを止めること。実は野菜は酵素の働きによって、日々栄養価が下がっています。冷蔵庫の中で酵素によって栄養価が下がっていくよりも、買ってきてからすぐに「ブランチング」をして酵素の働きを止めて冷凍した方が、栄養価が保たれる場合もあるそうです。

家庭での「ブランチング」の上手な方法は、ずばり「加熱」。さっと熱湯にくぐらせ、その後解凍すると良い野菜がたくさんあるそうです。ただし、加熱しないで冷凍した方がおいしく食べられるものもありますので、注意が必要です。

引用元-−-Peachy‐ライブドアニュース

 

冷凍食品を買う時のポイントは

品温が-18度以下のもの
売り場の冷凍ショーケースについている温度計を確かめ、‐18℃以下に保たれているケースの商品を選んで購入しましょう。ロードライン(積荷限界線)以下に陳列されているかどうかチェックしましょう。

ガッチリ凍っているもの
品温が‐18℃以下ならば当然ガッチリ凍っています。カチンカチンに凍っているものが良い冷凍食品です。

包装がしっかりしているもの
品質表示の確認
包装が破れているものは不衛生であり、乾燥や色の変化など、品質が低下しているおそれがあります。

きちんと表示してあるもの
冷凍食品には、名称、原材料名、原料原産地名(法に定められたもの)、内容量、賞味期限、保存方法、凍結前加熱の有無、加熱調理の必要性、製造者名などを表示することになっています。それらの必要な事項がきちんと表示されているかどうかを確認しましょう。

「認定証」マークのついているもの
「認定証」マークのついているものは、(一社)日本冷凍食品協会の「冷凍食品認定制度」により認定された工場で製造された製品です。このマークのついているものは信頼の証です。

引用元-−-一般社団法人日本冷凍食品協会

冷凍食品の野菜をうまく使うには

ここが大切!キホン中のキホン
“解凍するだけ”の完全に加熱された冷凍枝豆もありますが、冷凍野菜のほとんどは80%程度加熱され急速冷凍する「ブランチング」という作り方でできています。調理をするときは、加熱するのは残り20%と心得ましょう。

冷凍野菜クッキングのコツ
◆◇◆電子レンジは加熱のしすぎに要注意 ◆◇◆
冷凍ほうれん草やブロッコリーなどを電子レンジで加熱したら、グニャっと美味しくない野菜になってしまったことはありませんか?ついつい加熱しすぎてしまうのが難しいところ。残り20%を加熱すればよいのですから、凍ったまま調理する場合でも、例えばほうれん草なら100gあたり500Wで1分程度の加熱でOK。短めに様子をみましょう。

◆◇◆ 半解凍したものを電子レンジにかけるのはNG! ◆◇◆
電子レンジは水分に作用(加熱)するという特徴があります。そのため、半解凍の状態の野菜の場合、溶けた部分だけが強く加熱されムラができます。

◆◇◆ サラダにしたいときは・・ ◆◇◆
冷凍野菜をサラダや和え物などにしたいときには、袋から出して凍ったまま熱湯に入れ、さっと茹でると色よく仕上がります。さっと茹でたら手早く取り出し、流水で急速に冷やして水切りをすると なおGOOD。

引用元-−-All about

まとめ

いかがですか?毎日忙しい朝、冷凍食品の野菜や惣菜、自分の手作り冷凍野菜やお惣菜を賢く利用して、時短に栄養価キープと一挙両得でいきましょう!

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/not_revolution/status/565868286252818433
https://twitter.com/2KyDO/status/565139883098779649


https://twitter.com/natun22291/status/564626637124161536


https://twitter.com/KenSolty/status/567907810555461633

 - 料理 グルメ

ページ
上部へ