皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

離婚がしたい!でも子供が3人!これからどうしたらいい?

      2016/06/27

離婚がしたい!でも子供が3人!これからどうしたらいい?

子供が3人以上いる方でも、

離婚を考えておられる方はいらっしゃると思います。

離婚をする時、してからのお話をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


もし子連れ離婚したら…シングルマザーに待受ける3つの現実とは?

ママからのご相談

子連れで離婚したら、どういう生活になりますか?

*****

シングルマザーになったらどんな生活が待ち受けているのか、とても不安ですよね。

「離婚したのはいいけれど、毎日が大変! いまさら後戻りはできないし……」

そんなことにならないように、シングルマザーライフがどのようなものかについて、事前に知っておくことが必要です。

引用元-−-アメーバニュース

子どもの養育費 ~離婚した後の養育費はどうなる?~

養育費とは?

離婚する夫婦の間に未成年の子どもがいる場合,その子どもの親権・監護権を夫か妻のどちらかに決める必要があります。

子どもを監護する親(監護親)は,子どもを監護していない親(非監護親)に対して,子どもを育てていくための養育に要する費用を請求することができます。この費用が「養育費」というものです。離婚をしたとしても親として当然支払ってもらうべき費用ということになります。

養育費の支払義務は,子どもが最低限の生活ができるための扶養義務ではなく,それ以上の内容を含む「生活保持義務」といわれています。生活保持義務とは,自分の生活を保持するのと同じ程度の生活を,扶養を受ける者にも保持させる義務のことです。

つまり,養育費は非監護親が暮らしている水準と同様の生活水準を保てるように支払っていくべきものであるということです。そして,非監護親が「生活が苦しいから払えない」という理由で支払義務を免れるものではなく,生活水準を落としてでも払う必要があるお金となります。このように,「養育費」は,非監護親が「余裕がある場合に支払えばよい」というものではありません。

離婚の際に,養育費について相手と取り決めをしておくのが一般的ですが,離婚を急いでしまった場合など,養育費について取り決めをせずに離婚してしまうケースもあるかと思います。そのような場合,相手方に対して,養育費の支払請求をすることができます。仮に,「養育費はいらない」といって養育費の請求権を放棄したとしても,後で事情の変更があった場合には請求できるケースもあります。また,養育費の請求権は子どもの権利でもあるため,親が権利を放棄したとしても子ども自身が請求できる場合もあります。

引用元-−-弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイド

離婚して後悔している5つのこと

子供に関しての後悔

子供がいる場合、離婚のデメリットをこうむるのはどうしても子供となります。

離婚時のデメリットは色々ありますが、離婚の際の両親の争う様子や、どういう理由があっても片親を失う事が子どもにとっては大きな出来事になりえます。

また、離婚により経済的に生活がレベルダウンする事もあるかもしれませんし、離婚の為に住居が変わる・転校するといった物理的に不自由する事もあるでしょう。

親からみると、離婚のせいでそのようなデメリットを子供が受けているという事は、離婚を本当に後悔してしまう事でしょう。

しかし、離婚が避けられない以上、そういった事を通して子供が成長できるように指導・フォローしてあげる事です。

それにより、子供は悲しい事柄ではありますが、そこから色々な事を考えて受けとめ、成長するきっかけとなるのです。

その成長する様子をみる事ができたら、親として後悔はなくならないかもしれませんが、最善の道を選んだと納得できるものです。

また子供に離婚によっての事柄を通して、マイナス面に出た場合も、常に真剣に子供と向き合う事で、最善を尽くしていく事ができます。

そのため、投げやりにならず諦めないという事が、後悔してもそれを乗り越えていく道となるでしょう。

偏見に対しての後悔

婚した場合、どうしても周囲の人に伝えなければなりません。

場合によっては周囲の無理解や偏見により、悩み、後悔する事もあります。

離婚の本当の理由やそれに至る経緯は当事者にしか分からないのに、「辛抱が足りないから離婚した」、「離婚するなんて人間性に何か問題があるかも」など、理不尽な声が聞こえてくるものです。

すると、離婚した事をつらく感じ、離婚しなければ良かったと後悔するかもしれません。

こういう偏見に対しては「聞き流す」という対応が一番です。

正直、余計な意見は話してほしくないし、聞きたくないですが、話さないでという事は止めさせる事は困難です。

しかしその話について、聞かない=聞き流す事は自分のみの努力でできるのです。

離婚という人生でも大変な時期に、そういう対応は精神的にキツいと感じるはずですが、大人のスキルとして活用しましょう。

このスキルは、また別の場面でも自分自身を助けてくれる事でしょう。

自分自身についての後悔

離婚はしなくてすむならしない方が良い、というのが一般的な考え方だといえるでしょう。

その為、当事者が考えに考えぬいて結論を出し離婚に至っても、やはり後悔は生じるものです。

あの時こうすれば良かったのでないか、離婚は間違いだったのではないか・・・と、後悔する日もあります。

こういった心の動きはある意味、健全でもあると言えます。

むしろ無理に考えないようにしたり、自分自身を納得させようとポジティブに考えても、思い通りにいかない自分にストレスが溜まるものです。

長い人生そういう時期もある、と受けとめ、自分自身がなにが辛かったか、後悔しているか、じっくり考えてみましょう。

答えが出なくても、自分の心を見つめ直すという事により、心を落ちつかせる事ができるのです。

離婚により、悩みや後悔する事はありますが、それにしっかり向き合う事で、乗り越えていく事は必ずできます。

つらすぎる孤独感を感じた時に後悔する

離婚経験者が「後悔」を感じる原因はさまざまです。

たとえば先述にも触れた、子どもがいるいないによって、後悔の内容は変ってくるでしょうし、そのほかにさまざまな状況の違いがあるでしょう。

その中で、もっとも多くの人が感じ、後悔の原因になるのが「つらすぎる孤独感」です。

仕事に疲れて家に帰る。それまでは明かりがついた家でパートナーが待っていてくれたのが、今は一人。真っ暗な家に帰宅して、部屋に一人でぽつんといる。

逆に、結婚しているときには、自分が家にいて、帰宅するパートナーを待ったのが、今は、誰も帰ってくる人がいない・・・、その孤独感はつらいものです。

「離婚すれば独身時代に戻る」と考えている人が多いでしょうが、そうではなかったと離婚して初めて気づく人が大勢います。

一度結婚して、「いつもパートナーがいる状態」を経験した後で、一人暮らしになると、それまで経験したことのない孤独感を抱くものなのです。

多くの人が離婚を後悔するのは、その孤独を実感したときです。

「思い出の家」のせつなさを感じること

離婚後、同じ家に住み続けることになった人は、その家自体が「離婚の後悔」に結びついてしまうケースが多いようです。

家にはぎっしり、結婚生活の思い出がつまっています。

最初から憎しみあって結婚する人はいませんよね。つまりラブラブだった時期が当然あるわけです。

いっしょに選んで買った家具、カーテンの色でもめたこと、引越してきたときに壁につけてしまった傷、そしてパートナーの気配・・・。

家にあるものすべてが「楽しかった思い出」に感じられ、さらに今はいないパートナーの気配を感じてしまう。

こんなせつないことはないでしょう。決意して離婚したはずなのに、ふと後悔してしまう瞬間が訪れるのは自然な人間心理です。

引用元-−-こいぴた

「離婚後の生活を考える」

○ 離婚後の生活を考える

いざ離婚を決意したら、その後の生活をどのようにするか、周到な準備が必要です。
住む場所は?今後の生活費は?など離婚後の生活には様々な問題があります。
後悔のない離婚にするためにも、計画的かつ慎重に見通しを立てなければなりません。

妻が未成年の子供を引き取る場合は、子供の養育にかかる経済的な負担も大きく、今以上にのしかかってきます。夫が未成年の子供を引き取った場合でも、今までのように仕事だけをしておけばよかった時とは違い、やはり働きながらの子育ては大変です。

このように離婚後の生活は不安がいっぱいです。まだまだ世間の目も厳しく、あなたのことを理解してくれる人ばかりでないことも覚悟してください。
しかし離婚後の生活を楽しむことも考えないと、苦労して離婚をした意味がありません。今の結婚生活が本当に不幸で、離婚をしたら今よりも幸せな生活が送れると確信しているのでしたら、離婚後の生活を明るいものにするためにも、離婚に関する法的知識と、行政からうけられる優遇処置などをしっかり確認しましょう。

引用元-−-離婚マニュアル

離婚後の人生は男女で明暗分かれる? 未来系めざす「離活」妻 「離婚うつ」に苦しむ夫

まず経済面だ。家を出るとき、万が一の場合を考えて50万円を妻の口座に振り込んだ。もちろん、その後の妻子の生活費や家賃、マンションの管理費、光熱費、妻の携帯料金やインターネット料金、こどもの幼稚園の費用、生命、学資、医療の各保険の支払い、その他もろもろカード決済の支払いなどは、これまで通り荘司さんの負担である。

それに加え、自分の引っ越し代や家賃、生活費、光熱費も支払わねばならない。車の修理代や、保険外の接骨院のマッサージ代など、妻から予想外の請求がつきつけられることもあり、二重の支出生活に追い打ちがかかる。

しかたなく、自身は安アパートで生活し、毎日、もやしや麺類で空腹を満たしていたという。それでも貯蓄はあっというまに消え、1年後には150万円の赤字になっていた。

押し寄せる不安と罪悪感。精神的に追い詰められ、不眠はますますひどくなった。心療内科を受診したところ、診断は「うつ」。服薬治療を開始したがひどい眠気で出社が難しくなり、通院を中断してしまった。仕事を続けなければ、2つの世帯を支えられなくなってしまう。

しかもこの時期と前後して、荘司さんは会社を退職。給料の安い中小の会社に転職していた。「もっと家族と時間がとれるようになれば、妻とやり直せる。子どもたちと一緒に暮らせる」と考えたのだ。だが、妻の決意は固く、何度謝っても頼んでもにべもない返事が返ってくるばかり。しかも転職先では、さらなる不運がふりかかる。業績不振の責任を上司から不当なやりかたで押し付けられ、なんと解雇されてしまったのである。

引用元-−-DIAMOND on line

まとめ

離婚したことによって夫婦の問題は解決しても離婚してかも色々な問題が予想以上に発生しそうですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/401_not_found_/status/612996890045485057
https://twitter.com/masaking595959/status/612785709003337728


https://twitter.com/pasa_pasa_pasta/status/601381858950053888


https://twitter.com/_a_k_r_/status/586334414352715776″

 - 人生 社会 恋愛

ページ
上部へ