皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

食後の運動ってとても良いみたい!何分後に始めますか?

      2016/06/25

食後の運動ってとても良いみたい!何分後に始めますか?

食後の運動って、血糖値をさげるのにとても良いらしいのです。

運動するには、食べ終わってから何分ごに始めたら良いのでしょうか?

今日は食後の運動についてフォーカスしました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

食後30分〜1時間

脂肪より糖質が危険
メタボの大敵である体脂肪に最もなりやすい栄養素と言えば?もちろん脂肪!と思いがちですが、余分な脂肪に最もなりやすいのは実は糖質です。しかも、ご飯・パン・めん類など主食となるものに多く含まれるので、この糖質をいかに抑え込むかがメタボ対策の重要点となるのです。

食後30分から「糖→脂肪」変換の時間帯
糖質が消化され体内に吸収されると、脂肪酸という脂肪のもとになります。また、糖質を摂り入れると血中の血糖値が上昇して、インスリンというホルモンが分泌されますが、インスリンには脂肪の生成を促す働きがあるのです。糖質を摂ると、この2つの働きで、つまり2重に脂肪を溜め込みやすくなります。脂肪のもとである脂肪酸が生まれるのと、インスリンが脂肪を溜め込もうとする働きは、食後30分から1時間の間に起こるのです。

逆転の発想〜魔の時間帯に運動
血液中の脂肪酸はエネルギーに変わりやすいという特徴があります。インスリンによって脂肪酸が脂肪に変えられる前に、運動で消費できれば体脂肪の増加を抑えることが出来ます。また、インスリン分泌が活発な時間帯に運動すれば、インスリン自体の分泌も抑えられ、脂肪に変わるブドウ糖をより少なく出来ます。毎食後10分間もしくは1回の食事後に30分まとめて毎日運動するのが効果的ですが、なかなか時間が取れない人も出来る時に少しでも歩きましょう。

食後すぐの運動はダメ!
ただし気をつけたいことは、なるべく早い方がイイと食後すぐに運動してしまうこと。食べた直後は、消化のために血液が胃に集中しています。すぐに運動すると、胃に行かなくてはならない血液が筋肉にいってしまい、食べたものをきちんと消化出来なくなってしまい、消化不良や胃の不調の原因になりかねません。また、胃内の消化が完全に終わるまでには食後1〜1.5時間かかるので、歩いていて胃の調子が良くない場合は、運動は控えましょう。

引用元-−-楽に楽しく健康になろう

食後の運動が、糖尿病から救ってくれる?

食べてすぐ運動するのは、あまり良くありません。
できれば、食後30分〜1時間くらいから20分程度続けると、糖代謝が活性化されます。
また、30分以上続けると、脂肪代謝も活性化され、ダイエットにも効果があります。

「血糖コントロールなど必要ない」なんて馬鹿げたコメントがありますが、血糖コントロールは糖尿病の人だけが行うものではありません。
健康な人でも、日頃から血糖コントロールを良好に維持しなければ、知らない間に「糖尿病」になってしまう危険がありますよ。
日頃から、過食や偏食をなくし、適度な運動をするのは、実は、血糖コントロールしているのと同じことなのです。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

食後の血糖値に注意!

糖尿病予備群や糖尿病を発症した早期の人では、空腹時血糖値が正常域(110㎎/dL未満)を示す場合も多くみられます。したがって、糖尿病を空腹時血糖値だけで判定しようとすると、「食後高血糖」を見逃してしまう恐れがあり、気がつかないうちに糖尿病が発症したり進行したりするため、注意が必要となります。
「食後高血糖」では、インスリンの量や働きが低下して、体の組織でブドウ糖を十分に処理することができず、“血糖値を正常に戻す働き”が非常に弱い「耐糖能異常」の状態にあります。さらに、耐糖能異常は動脈硬化を促進することがわかっています。
耐糖能異常から動脈硬化へ進展すると、脳卒中などの大血管障害を起こすリスクが高くなるので、空腹時血糖値だけではなく、「食後高血糖」もあわせて管理する必要があります。

引用元-−-Lilly Diabetes

 

食後の運動のメリット

運動をすることによって、血糖値が低下し、インスリン※の働きが改善します。また、肥満の解消や、体力の増強、ストレスの解消にもなるので、継続して運動しましょう。
※インスリン:血糖値を調節するホルモン。インスリンの分泌や働きが悪いと血糖値が高くなる。

引用元-−-武田薬品工業株式会社

血糖値には有酸素運動

色々な運動方法がありますが、大まかに分けると有酸素運動と無酸素運動があります。
有酸素運動とは体内に酸素をたっぷり取込みながら体を動かすことができる運動のことで、ウォーキングやヨガなどがあげられます。
無酸素運動とは一時的に呼吸を止めたような状況で精一杯の力を出すような運動のことで、短距離走や筋トレなどがあります。
どちらも体を動かすという共通点がありますが、血糖値を下げるために有効だと考えられるのは有酸素運動です。
有酸素運動の場合は血液中のブドウ糖を使ってエネルギーを消費させることができますので、効率良く血糖値を下げる効果が期待できます。
特に食後すぐに運動することを考えると、手軽にできるウォーキングがおすすめです。

引用元-−-血糖値を下げる食べ物や食事・運動について

twitterの反応

 - 健康・病気

ページ
上部へ