皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

香港への観光旅行、チップはどうしたらいいの?

      2016/06/25

香港への観光旅行、チップはどうしたらいいの?

日本の暮らしの中では馴染みの薄いチップを渡す、という習慣。とは言えチップは欠かせない国もあります。そのため事前に調べてから海外に行く方が安心かと思います。ということで中でもイギリスの文化が色濃く残った香港への観光旅行に行く場合、チップはどうしたらよいのか?また相場はいくら位なのか?などを調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


そもそも「チップ」とは?

アメリカに代表される地域では、チップは労働賃金の一部とみなされ、給与システムに組み込まれています。例えばウエイター、ウエイトレス、ベルマン、ドアマンといった、チップを多く受け取る部署の従業員は、その分お給 料が低く設定されており、彼らの家計を支える主たる収入はチップということになります。逆に、ハウスキーピングのようにあまりチップがもらえない部署は、給与は高めに設定。さらに、バックオフィスの部署、つまりお客様 と接することのない部署は、インセンティブなど別な形での支給があり、全体として不公平感が出ないように設計されています。

このようにきっちり組み込まれているので、チップを払わない、あるいは相場よりだいぶ低い金額だったりすると、非常識!と思われてしまいます。

引用元-1. そもそも「チップ」とは【第8章 これであなたもチップの達人】|アップルワールド

香港でのチップの相場について

「多くの場合、チップは必須ではない。本当に感謝の気持ちがあれば、そのときだけ払えばいい」

旅行雑誌やまともな案内サイトなどを見ると香港のホテルやレストランではチップが普通と書いてありますが、香港人はいちいちチップなんて払いませんし、そもそもホテルやレストランの会計には「サービス料として10%」が加算されています。

サービス料がかからないようなローカルな飲食店ではそもそもチップなど要求されませんし、サービス料を加算している店では、こちらの意志にかかわらずサービス料がチャージされているのですから、さらにチップを払う必要はありません。

だいたい、香港のレストランやホテルはサービスが悪い。
一部のしっかりしたお店を除いて店員の教育ができておらず態度が悪いので「サービスに対してチップを払う」という原則に則ればチップを払える場面が著しく少なかったりもします(笑)

また、従業員の給料が極端に安くチップなしでは彼らの生活が成り立たないといった国々なら話は別ですが、香港は法律で最低賃金が保証されていますのでチップで生計を立てるという必要もありません。

僕が香港で暮らしている範囲では、ほとんどチップは払ったことがないです。

引用元-香港のホテル・レストランでのチップの相場について | マニアック香港 & 深セン

香港への観光旅行とチップ

香港ではイギリス文化の名残としてチップの習慣が根強い。

【レストラン】レストランでは合計金額の10%がサービス料として上積み請求されるので、おつりの小銭を残す程度でよい。大衆食堂やファストフード店ではチップ不要。

【ホテル】ホテルのトイレでは2〜5HKドル、ベルボーイや部屋係には10HKドルが目安。

【タクシー】タクシーではチップは不要。

また旧正月には、日本同様にお年玉を渡す習慣があるため、赤いポチ袋に10HKドル、20HKドル札を入れておいて渡すと喜ばれる。

引用元-香港のチップ – 旅の予算 | 地球の歩き方

香港観光の際のトイレでのチップ

日本人にはなじみのない習慣だが、レストランやホテルのトイレには清掃員が常駐していることが多く、手を洗った後にペーパータオルなどを渡してくれることも。この清掃員にはチップを払う必要があり、金額の目安としては2〜5HKドル。ホテルのベルボーイには荷物1個につき10HKドル、ベッドメーキングには毎朝5〜10HKドルをサイドテーブルに置く。さらにタクシーを呼んでもらう、ルームサービスを持ってきてもらうなどの特別なサービスを受けた際にもそれぞれ10HKドルが目安。

タクシーではメーターの料金に端数が出ている場合はお釣りをもらわないのがベター。運転手側から切り上げて要求してくることもままあるが、それも普通のこととして割り切ること。ちなみに香港ディズニーランドのパーク内はチップ不要。

基本的にはチップはよいサービスに対して支払うもの。金額は目安なので、無理をして支払うこともない。感謝のしるしとして支払うように心がけよう。

引用元-香港のチップ – 旅の予算 | 地球の歩き方

チップを渡さない場合

チップという習慣に親しみがない私は、一体いくらを誰に渡せばいいんだろうと非常に不安だらけ。でも、実際行ってしばらくすると感覚的に分かってきました。強制の習慣ではなく、大人としてのマナーや感謝を含んだものなので、チップを渡す場面や金額に捕らわれてしまうよりは、目の前の人のホスピタリティに集中して判断すればいいのではないでしょうか(●´ω`●)

また私たちは滞在中、3人が日替わりで10HK$を枕の下に入れておいたのですが、これを案内のおじちゃんに話したら「10〜!?ソレ多いヨー。きっと、掃除の人喜んでるネー。5で良いカラー」と言われてしまいました。あれぇ?空港にお出迎えに来たおじちゃんは「10HK$を入れておくのがマナーですヨ」的なこと言ってたのにー(笑

引用元-気ままな中華日誌 : 香港旅行_チップのある文化

まとめ

見極めが必要そうな分、慣れるまでは戸惑いそうですね^^;

twitterの反応


https://twitter.com/0612No/status/677485746115096576

 - 旅 旅行

ページ
上部へ