皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

双子ちゃんの出産のベストな週数はいつ?

      2016/11/22

双子ちゃんの出産のベストな週数はいつ?

単胎妊娠でも10カ月という期間は大変期間です。

双子ちゃんともなるとママはさらに慎重に生活を送らなければなりません。

少しでも長くお腹の中で大きくなって欲しい!そう思うママは多いはずです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


双生児とは?

双生児(そうせいじ)は同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供である。
いわゆる双子(ふたご)のことであり、多胎児の中では一番多い。多胎児の一種である。
受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児と二卵性双生児に大別される。

引用元-双生児 – Wikipedia

週数からみる出産の呼び名

・妊娠40週0日が分娩予定日
・妊娠37週0日から41週6日までが正期産(正常な時期の出産)

・妊娠42週0日以降が過期産(正常より遅い出産)
・妊娠22週0日から36週6日が早産(正常より早すぎる出産)

引用元-妊娠週数あれこれ

双子は早産になることが多い

A.双子の場合、平均出産週数は35週。早産になるケースがほとんどです。
最も大きな原因は、子宮のキャパシティを超えた容量が入っているため子宮内の内圧が高まり、
早産にいたるのではないかと考えられています。双子の場合、赤ちゃん1人の平均体重は2200g。
2人分で4400gにもなるので、それだけの重さのものが子宮に入っていると考えれば、かなりの負担がかかっているはずです。

引用元-出産産褥期のQ&A – gooベビー

双子の出産方法

自然分娩と帝王切開、一般的には帝王切開のほうが母体への負担が高く、
大きな問題がない限りは自然分娩をすすめられますし、そちらを希望するお母さんも多いと思います。

ただし、双子の出産方法としては帝王切開のほうが一般的です。
産院の方針もありますし、お母さんの希望も検討したうえで、母体と赤ちゃんの安全を最優先し、
出産方法を決定しますが、双子の出産は全て帝王切開にしている産院も多いです。
双子の場合は帝王切開のリスクより、自然分娩の方がリスクが大きいためです。

自然分娩の場合、双子同士の身体やヘソの緒が絡みあうことでの分娩停止や、
片方を出産後に胎位が変わり逆子になってしまうことによる分娩停止、
子宮が伸展しすぎるためいきみが不十分になりやすい等のリスクがあげられます。
母子の安全を第一に考えると、帝王切開のほうが、かえって負担もリスクも少なくてすむのです。

帝王切開といっても、一人一人取り出すので、双子だからといって、大きくお腹を切開するわけではなく、
1人の場合と変りません。双子の出産のほうが子宮が大きくなっているので、かえって出産時間が短くなる場合も多いようです。

もちろん双子の自然分娩を推奨する病院もあるので、どうしても自然分娩で生みたい、
という場合はそうした病院を探すことも可能です。ただし、万が一の場合は緊急で帝王切開に切り替えることになるので、
十分な設備やスタッフのいる施設を選ぶことになります。病院の方針もチェックして、
安全に希望を叶えてくれる病院を選んで下さいね。

引用元-双子の出産方法|双子の育児相談室

双子のベストな出産時期の週数は36〜37週

双子の出産方法については、病院や医師によって方針がかなり違います。
私は、胎盤が一つしかない「一絨毛膜二羊膜」「一絨毛膜一羊膜」の場合は必ず帝王切開。
胎盤が二つある「二絨毛膜二羊膜」も基本は帝王切開ですが、赤ちゃんの胎位の条件が合って、
出産に自信のある経産婦さんには「経膣分娩の可能性もあります」と伝えています。
双子の分娩時期ですが、単胎妊娠の場合、39〜40週に産むことがお母さんと赤ちゃんのリスクが
最も低く理想的ですが、双子の場合、妊娠週数が進むにつれておなかの中で赤ちゃんが
突然亡くなってしまう例が増えてくるのです。データの上からも、一番赤ちゃんのリスクの少ない36〜37週頃に産ませたい。
計画的に分娩を行なうために帝王切開になりやすいのです。
また、二番目に産まれる赤ちゃんの健康を守るため。最初に産まれてくる赤ちゃんは、帝王切開でも経膣分娩でも大きな差はありませんが、二人目の赤ちゃんは経膣分娩の場合、生まれるまでに時間がかかった場合には状態が悪いというデータがあります。あとから出てくるので、生まれるまで時間がかかり、酸欠になりやすいのです。
双子の分娩方法については、かかりつけの医師とよく相談しておきましょう。

引用元-双子ママの妊娠生活と出産・育児|プレママタウン

まとめ

出産はいつ始まるかわからないものですが、双子の場合にはしっかり計画をたて安全に出産できるように主治医としっかり相談したいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/sawahata/status/476055480914042881


 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ