皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

肺炎の症状とは?子どもの風邪が長びいたら肺炎かも?

      2016/12/13

肺炎の症状とは?子どもの風邪が長びいたら肺炎かも?

子供の頃は免疫がまだついていなくて、よく風邪を引いてしまいます。近頃子供の肺炎が大流行しています。なかなか熱が下がらなかったり、いつも以上に苦しんだりしているととても心配ですよね。肺炎について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


肺炎とはどんな病気?

肺胞(はいほう)領域を中心とした炎症を主体とする下気道感染症です。肺胞領域は、肺胞上皮細胞と肺胞上皮細胞に囲まれた肺胞腔(はいほうくう)とからなる肺実質と、肺胞壁基底膜、毛細血管、結合織(けつごうしき)、肺嚢胞(はいのうほう)、肺胞道(はいほうどう)などの肺間質(はいかんしつ)からなります。

引用元-肺炎<子どもの病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

子どもの肺炎の原因

肺炎は病原微生物が肺胞に進入して、肺胞壁に滲出性(しんしゅつせい)変化を引き起こしたものです。多くの場合、ウイルスが原因となりますが、約20%は細菌性肺炎です。

年齢層別では、乳児期は細菌によるものが最も多く、幼児期では細菌とウイルスによるものが多く、学童期では肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジアによるものが多くなると報告されています。

原因となる細菌で最も多いものはインフルエンザ菌、ついで肺炎球菌となります。

引用元-肺炎<子どもの病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

肺炎が疑われるとき・・・発熱の4日のルール

診療所でかぜの子どもや成人を診察していて、経験的に肺炎が疑われる簡単なルールがあります。ふつうこじれていないかぜのときには、いくら発熱しても3日くらいで解熱してきます。熱が4日以上続くときには肺炎や他の発熱の原因がないか、調べていく必要があります。とくに発熱とせきが4日以上続くときには、年齢に関係なく、胸部レントゲン写真を撮影して肺炎を起こしていないか、調べる必要があります。

引用元-気管支炎・肺炎 | 子どもの病気・症状 – 町医者の家庭の医学

子どもの肺炎の症状別治療法

原因によって治療法は少し異なり、細菌性肺炎とマイコプラズマ肺炎であれば抗生物質を使って原因に直接働きかけます。そして、解熱剤や咳止めなどを使って症状にあわせた対症療法を行います。

ウイルス性肺炎の場合は、ウイルスの特効薬がないので対症療法のみになります。症状が軽ければ通院による治療で問題ありません。しかし、咳がひどくて水分が取れず脱水状態になっていたり、高熱が続いていたりするようなら、症状が治まるまで1週間以上入院が必要になるケースもあります。

引用元-子供の肺炎の原因や症状、治療法は?入院の基準や期間、後遺症は? – こそだてハック

子どもの肺炎は後遺症が残る?

一昔前であれば子供の肺炎は怖い病気でしたが、現在では重症化することはほとんどなく、肺炎で後遺症が出るということは稀です。ただ、肺炎を発症すると咳がつらく、食事や睡眠も満足にとれなくなる子もいます。最初は軽い風邪のようでも、こじらせて肺炎を引き起こすことも考えられますので、日頃から子供の様子をよく見て無理をさせないように注意してあげてください。

引用元-子供の肺炎の原因や症状、治療法は?入院の基準や期間、後遺症は? – こそだてハック

まとめ

肺炎は昔に比べて怖くなくなった病気ですが、早期発見、早期治療が重要です。乳製品や発酵食品、食物繊維、オリゴ糖などを接種し、免疫力を高めて病気になりにくくすることも大切です。始めは風邪の症状なので、肺炎に発展していないかよく経過をよく観察してあげましょう。

twitterの反応


 - 健康 

ページ
上部へ