皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

野良猫を保護。成猫を飼うことはできる?

      2016/09/27

野良猫を保護。成猫を飼うことはできる?

動物保護が盛んになった今でも街には多くの野良猫が生活しています。もともと自由奔放な性格の猫。子猫ならまだしつけも可能かも知れませんが成猫を保護した場合、飼いネコとして迎え入れるのは可能なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


保護したら野良猫かどうか確認しよう

野良猫と飼い猫の違いはかなり曖昧です。犬と違い、飼い猫が一匹で放浪していてもあまり違和感はありませんよね。汚れてしまっている飼い猫もいるでしょうし、首輪をしていない飼い猫もいるでしょう。

まずは飼いたい猫が本当に「野良猫」なのか疑うところから始めなければなりません。

もし、他人の飼い猫を勝手に連れ込んでしまうと、最悪の場合「窃盗」や「占有離脱物横領」といった罪に問われてしまう可能性があります。

引用元-野良猫を飼うことはできる?病気の心配は?野良猫を飼うときの注意点 | ペット生活

野良猫を保護したら成猫でも病院へ

野良猫は、元気そうに見えても、

体の外も中も、
悪い虫がたくさん住んでいます。

保護した当日、もしくは翌日には、
動物病院に、連れていきましょう。
都合がつかず、すぐにいけない場合は、

体の虫が、室内で繁殖しないように、
段ボールや、ゲージ内で、
きちんと隔離してあげてください。

・体調と外傷のチェック
・目や耳のチェック
・虫くだしの投与
・ノミ除去薬の投与
・予防接種
 
全身、くまなく診てもらいましょう。

引用元-野良猫を飼うための注意点!やることリストはこれ! | そるとのしっぽ

可能性のある野良猫の病気

■1:ノミ感染症

ペットを飼っている人にとって最もポピュラーな病気であるノミ感染症。犬や猫についたノミが人を刺すことがあります。刺された際にノミの唾液が原因となり、蚊に刺された場合よりカ強いかゆみを引き起こします。

ノミはペットが外でもらってくることがほとんどですので、ノミ駆除の滴下剤を使用するか、室内飼いにすることで防ぐことができます。ノミが勝手にわくことはありません。

■2:真菌症

真菌症は、白癬(はくせん)などともいい、カビに感染しているペットに触ることにより感染し、皮膚病を起こします。ペットの皮膚が白っぽくカサカサしていたら動物病院でチェックを受けてください。人間は皮膚科を受診し、ペットが皮膚糸状菌症の治療中であると伝えてください。
 
■3:トキソプラズマ感染症

トキソプラズマ感染症は、抗体を持たない妊婦さんが感染すると、流産等を起こす場合があります。妊娠後、産婦人科に行くとトキソプラズマの抗体の有無を調べる場合が多いです。猫の便から感染しますが、いくつかの条件が組み合わさらないと感染しません。

また、猫の便だけでなく豚肉の生食のほうが、感染確率が高いと言われています。妊婦の方が豚肉を食べる際は、よく焼いてから食べてください。

■4:疥癬(かいせん)

疥癬は目に見えない小さいダニが、犬や猫に皮膚病を引き起こします。感染している野良猫を飼うと、人間も腕の内側やお腹など皮膚のやわらかい部分に症状が出る場合があります。

ペットを治療すると人間は自然治癒する場合が多いですが、かゆみが生じたら念のため皮膚科の診療を受けたほうが良いでしょう。

■5:猫ひっかき病

通称のような名前ですが、獣医の教科書にもこの名前で載っています。名前の通り、猫にひっかかれり、かまれたりした際に患部から感染を起こし、その近くのリンパ節が腫れたり、発熱したりします。

ひっかかれるのを避けるため、怒っている猫には近づかないようにしましょう。野良猫だけでなくペットとして飼われている猫でも、爪や口腔内には悪い菌が多いので注意が必要です。

■6:カプノサイトファーガ・カニモルサルス感染症

犬や猫の口腔内の常在菌で、かまれたりひっかかれたりした際に傷口から侵入します。免疫力の下がっている方が感染し死亡した例もあるので、過度の接触は要注意です。

引用元-猫ひっかき病?死亡することもあるペットから感染する病気6つ – WooRis(ウーリス)

保護した野良猫を迎える準備をしよう!

猫を飼うために最低限必要なものは、水と食事とトイレだけです。

体重500gを超えていれば離乳しているので、固形フードを与えれば大丈夫です(超えていない場合は後述)。
フードはペットショップに行くと種類が多すぎて困りますが、「総合栄養食」と記載してあるフードならなんでも大丈夫です。
一般的にドライフードよりもウェットフードを好む猫の方が多いです。

また、猫は本能的に砂がある場所でトイレをするので、しつけをしなくてもトイレに砂をしいて、その場所を教えてあげればそこでします。
猫の砂も種類も様々ですが、細かい砂を好む猫が多いなと感じます。
おいおい好みの砂をみつけてあげましょう。

引用元-【獣医師が解説!】猫を拾ったらすべき3つのこと | イヌモネコモ

成猫を飼うのは根気が必要

野良猫を完全室内飼育の家猫にするのは、個体差がありますが、不可能ではありません。ただ野生で生きてきた彼らは非常に警戒心が強く、心を開いてくれるまではかなり苦労するケースが多いようです。

捕獲してからしばらくはケージの中に入れ、慣れたころに室内に開放するといった方法が一般的に取られています。しばらくは家の中がボロボロになってしまうかもしれませんが、そのまま放し飼いにするよりも、完全室内飼育の方が野良猫であっても寿命が長くなる傾向があるようですので、頑張って家に慣れてもらいましょう。

引用元-野良猫を飼うことはできる?病気の心配は?野良猫を飼うときの注意点 | ペット生活

野良猫の命を長らえさせているものは「警戒心」にあります。

野良猫に近づいただけで、全力で走って逃げられたということがありませんか?
危険なもの、正体不明なものには近づかない、近寄らせないことで身を守っているんですね。

それゆえ、せっかく野良猫を保護してもなかなか懐いてくれないことが多いです。中には部屋の隅っこに引っ込んでしまって、1周間飲まず食わずという例もあります。

その警戒心を解くには、こちらが安全であることを理解してもらうまで、根気強く接していくしかありません。

「懐かないから可愛くない!」なんて思わないで、「元々野良猫なんだからしょうがないよね」と大らかに受け止めてあげましょう。

引用元-野良猫を家で飼うのは大変なの?知っておくべき3つの注意点・リスク | ねこ好き! ~猫のお悩みQ&A~

まとめ

過酷な状況で生き抜いてきた野良猫。良かれと思って迎え入れても逆に猫のストレスになってしまっては本末転倒です。それまで過ごしてきた環境を理解して優しく迎え入れてあげたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/odawaraneko/status/513273687915499521″

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ