皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

子供が言葉を話す時期はいつ頃でしょうか?

      2016/11/02

子供が言葉を話す時期はいつ頃でしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


子供が言葉を話す時期はいつでしょう?

生後2ヶ月〜生後4ヶ月頃

赤ちゃんの初めての言葉らしきものは、「あーあ」や「まんま」でしょう。ママにとっても意味の分からない言葉のように感じてしまいますが、赤ちゃんはご機嫌が良い時に発している「プレジャーサイン」であることが多くなっています。このプレジャーサインは言葉かけのチャンスです。サインを見逃すことなく、顔を見て目を合わせながら、どうぞたくさん話しかけてみましょう。

1つ1つの楽しいママとの対話の体験は、赤ちゃんにとっても嬉しい体験の積み重ねとなり、ますます言葉が発達していく手助けとなります。

生後4ヶ月〜生後5ヶ月頃

この頃になると、喃語(なんご)が活発に出始めてきます。初めのうちは聞きとりにくい言葉に感じますが、次第にはっきりと聞き取りやすい母音に変わっていきます。その後、「ぶー」や「ばー」などのような子音も増えてきます。

喃語(なんご)とは、赤ちゃんが発する意味のない言葉を指します。

生後6ヶ月〜生後7ヶ月頃

この頃になると、喃語がつながり「まんままんま」や「ぶーぶぶーぶ」などと言えるようになってきます。しかし、まだまだ各器官は未発達ですし、口や声帯の使い方を習得していませんので、聞き取りにくくもあります。この時期には、離乳食も徐々に始まりますが、離乳食を食べることで咀嚼(そしゃく)が増えますので、言葉を発することに関連する器官の成長も助長していきます。

生後8ヶ月〜生後10ヶ月頃

この頃になると、子音や撥音もしっかり出せるようになってきますので、聞き取りやすくもなります。「わんわん」「みゃーみゃー」などの反復音も上手に言えるようになってきます。

生後10ヶ月〜

この頃になると喃語の数も減り、しっかりと目的を持った言葉を発せられるようになってきます。自分の意思も徐々に表現できるようになる頃ですので、少しずつではありますが、コミュニケーションもとれるようになってきます。聴力の発達と共に、周囲の音にも反応した言葉を発せられるようになってきます。
一般的には、女の子の方が男の子に比べて、言葉の発達が早いと言われています。この時期は、言葉の発育にも徐々に個人差が生じてきます。

他所の赤ちゃんが話せるからといって我が子と比較し、不安に思うのではなく、赤ちゃんの反応を確認しながら、言葉かけを続けていきましょう。

2才は言葉の爆発期?

2才にもなると、こんなに小さな赤ちゃんのどこに、こんなにもたくさんの言葉が詰まっていたのかと驚くほど、毎日たくさんの言葉が次々に飛び出してくるようになります。時には、あれほど早くおしゃべりして欲しいと思っていたにも関わらず、にぎやか過ぎると感じてしまうほどです。
この頃になると、言葉の響きやそれに対する周りの反応を感じ取り、ある意味で、言葉で遊ぶことを始めます。間違った言葉の使い方をしていることも多くなります。

遊びの一環として大らかに捉え、あまり叱らず、丁寧に正しい言葉遣いを教えてあげましょう。

引用元-−-妊娠育児の情報マガジン ココマガ

子供と話すには言葉のコミュニケーションが大切

赤ちゃんの言葉の発達には、「身近な人の語りかけ」が大きく影響すると言われています。赤ちゃんが何かを声にした時や、注目した時に、まずはきちんと聞いて、そして、反応し丁寧に声掛けをしてあげることが大切です。小さいながら赤ちゃんにも、自分に反応し声をかけてくれる人の存在や、感覚、感情は伝わっています。
丁寧に1つ1つ対応していくことで、赤ちゃんにとっても、コミュニケーションをとることが喜びになっていきます。次第に、こちらからの一方通行の声掛けにも、赤ちゃんが反応し応えてくるようになってきます。

挨拶は小さな時から始めよう

また、食事や外出の際にも、赤ちゃんが話せないからといってあいさつをしないのではなく、例え赤ちゃんと2人きりであっても、「いってきます」や「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」などに基本的なあいさつから声に出していくことが大切になってきます。

たくさん語りかけてあげよう

「あーあー」や「まんま」などの他に、なかなか言葉が単語にならないこともあります。ママやご家族の方は、少しでも早くおしゃべりして欲しいと思いますし、健診などで会った周りの赤ちゃんと比べて、言葉の発育についても心配になることがあるでしょう。
1才を過ぎるようになってくると、何よりも、「人に伝えたい気持ち」を持っていることが大切です。また、お母さんや周囲の人の言うことに興味や関心を持ち、反応することが何より大切なのです。赤ちゃんは言葉が出なくても、指差しなどをして、気持ちを伝えようとしていることも多いはずです。この時期には周囲の人が、1つ1つの行動や反応、様子などを丁寧な言葉でたくさん語りかけてあげましょう。

引用元-−-妊娠育児の情報マガジン ココマガ

言葉の発達と心の発達の関係

赤ちゃんは言葉を習得すると共に、心も大きく成長していきます。気持ちを言葉に乗せて発するようになってきますし、体の部分や、周囲の様子にも意識が広がっていくようになります。
赤ちゃんはよく自分の手の指さえ分からず、口に持っていって確認をしているとも言われます。赤ちゃんによっては、足の指も、器用に口に持っていって舐める子もいます。体の各所を確認した後には、意識が周囲にも向いていきますが、周囲の音にも敏感になってくるのです。言葉が広がると共に、赤ちゃんの生活や意識、興味の範囲も広がっていきます。

引用元-−-妊娠育児の情報マガジン ココマガ

1歳をすぎても言葉がでない

1歳ころになると、片言を話し始めますが、
これはよく言われているように、
環境などによって個人差があるものです。

1歳をすぎたのに、言葉が出なくても
あまり心配しなくて大丈夫ですが、

ただ、親が無口な場合や子どもが話そうとする前に
親が話しをし始めるせっかちな親だと、
子どもが言葉を話せるのが遅くなる傾向にあります。

子どもが話せるようになるまで心配ですが、
過度の心配が子どもにとって悪く働くこともありますので、
最初は単語1つでもいいので、自分の要求するものを
自由に言えるようにゆるく見守ることが大切です。

なお、運動能力と同じように、男の子の場合は
女の子に比べて言葉を話せるのが少し遅いのが普通です。

引用元-−-子どもの歯トラブル百科事典

子供がなかなか話さない

言葉が表に出ないだけ

親の話す言葉の意味が分かっているのに言葉が出てこないのは単純な言葉の遅れと考えられます。子供自身が「話さなくてもママは分かってくれるからいいや」と言葉の必要性を感じていない場合もありますし、慎重な性格でしゃべらない、環境による場合など色々な原因があります。

このタイプはある日突然単語がでたと思ったらどんどん話すようになって、言葉の遅さで悩んでいたのがうそのようになります。こちらの言っていることが大体理解できているのであればしばらく様子を見てもいいかもしれません。

例えば「ゴミ箱にこのゴミを捨ててきて」と頼んだ時やってくれたり、絵本を指さして「りんごはどれ?」と聞いたときにちゃんと指さしして教えてくれるかをチェックしてください。言葉の発達は個人差がありますから、言葉を貯めている最中かもしれません。どうしても気になるようなら専門家に相談してみましょう。

難聴によるもの

言葉が遅いと言うと発達障害などの脳の病気に気がとられがちで意外と見落とされやすい原因が難聴です。 耳が聞こえにくいと周りの音を聞いて言葉を学習できないので、話すことができなくなってしまいます。風邪を引いたときにかかった中耳炎が長引いていて聞こえが悪くなっている場合も考えられますので、心当たりがあれば一度耳鼻科の診察を受けることをおすすめします。

発達障害、知的障害など脳に原因があるもの

何らかの原因で脳に障害が起こり、発達障害や知的障害のため言葉が遅れている場合があります。例えば言葉以外の身ぶりや手振りでのコミュニケーションが苦手で目も合いにくい場合は、自閉症スペクトラムなどの発達障害が疑われます。言葉の遅れをインターネットで調べると自閉症という言葉が上位に出てくるので悩むママもいるでしょう。

自閉症の特長とよく言われる行動は、普通の発達をしている子でもするので素人では判断できません。診断を下せるのは発達専門の医師だけですから、情報だけで「うちの子自閉症かも」と悩まず専門機関に相談することをおすすめします。

引用元-−-そっか〜

まとめ

子供が話す時期ってどうしても他の子供と比べてしまいがちですよね。個人差が幅広いということを思いだしていろんな働きかけをしてみるといいかもしれませんね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/kotanugi/status/257977423289802752
https://twitter.com/pyonkichi0622/status/253629243106410497


https://twitter.com/8mebiusu/status/61521730790883328″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ