皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

子供の奇声は病気なの?

      2016/12/30

子供の奇声は病気なの?

子供の奇声は何を知らせているのでしょう?

大人は大変もどかしい気分になりますが、

子供だってそうなんです!

子供が奇声をあげるのは何故なのか、

また、病気との関連についても調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

子供の奇声=親の躾の悪さ?

子供が突然、「キィイー」というようなかん高い叫び声をあげているシーンに出会ったことはありませんか?

驚いてその子供を見てしまうのは、普通の反応だと思います。が、貴方はその時に心の中で何を思っていますか?
「どんな躾をしているんだ」とか、「躾が悪いなぁ」 とか、親に対し批判的な思いを生じさせていませんでしょうか?
実際のところ、そういう場面にぶつかった場合ほとんどの人が、親に対し批判的な視線を送ってしまうようです。
でも、これって「自分は無知です」と言っているようなものだとしたら?
子供の奇声=親の躾の悪さ と考えてはいけないのです。勿論、子供の心理的な部分に問題があるわけでもありません。奇声をあげるのには、それなりの理由があるのです。
可能ならば、自分が子供の頃、奇声をあげたことがあったかどうかを、親に確認してみてはどうでしょう?意外な事実が判明するかもしれませんよ。

子供の奇声

概ね、一歳から三歳ぐらいの子供に多くみられますが、何の前触れもなく、突然かん高い声をあげることがあります。声も大きく、周りにいる人は大抵驚き、その子供と親を見ます。
公共の場であればあるほど、視線は冷たく批判的なものになりがちです。そして、ほとんどの人は、心の中で「躾が悪い」と思っているようなのです。
親も「お行儀が悪いでしょ」とか「静かにしなさい」と怒って子供に言い聞かせていることが多いような気がします。
子供の奇声の原因を、親の躾の悪さだと信じている人がまだまだ沢山いるということを実感してしまう一面だと思います。

引用元-−-健康生活

子供の個性?本当の原因

世の中には、まったく奇声を発しないで大きくなる子と、奇声を発して周囲を驚かせながら大きくなる子の二種類がいます。
識者のなかには、「奇声を発するのは精神的に問題があるからだ」と断言する方もいらっしゃいますが、同じ親が同じように育てたきょうだいでも、
奇声を発する子と発しない子がいますから、私はこの説には賛成できません。
一歳前の奇声は、何かの拍子に声を上げてみたら「のどが気持ちいい」「なんだかすっきりする」という単純なことなのではないかと思われます。

大人がカラオケで・大声で歌うようなものですね。
もう少し大きくなると、それまでは「おなかがすいた」「オムツが汚れた」「眠い」などを泣くことで伝えてきた子どもたちの要求が、成長に伴ってバリエーションを広げ、
「アレが食べたい」「アレを触りたい」「アレしたい」「アレしてほしい」と細かなニュアンスをもつようになります。
そして、それを伝えるために、さまざまな工夫をするようになります。そのなかの一つが「奇声」ではないかと私は考えています。
具体的に何をしてほしいわけではなく、状況が好ましくないときなどに奇声を発して自分に注意を集め、「どうしたの?」とかまってほしいということです。

自分の言葉で要求を伝えられるようになれば、自然とおさまっていくでしょう。
もし一日中奇声を発し続けていたり、4〜5歳になってもおさまる気配がなかったりするときは、主治医や専門家に相談してみましょう。

引用元-−-PHPファミリー

奇声をあげる理由と対処法

楽しくて奇声をあげている

声が出るようになったばかりの赤ちゃんに多い理由です。大体生後半年頃、自分の声に気が付き、遊びの一環として大きな声を出すようになることがあります。
奇声ブームが過ぎるまでは、興味を逸らして対処しましょう。
指を唇に当てて「シー」っと言ったり、奇声をあげたらしかめっ面をしてみせたり、赤ちゃんの時からその都度「良くないこと」ということを伝えていくことで、理解がすすみます。

怖がって叫んでいる

不安に感じる状況下でパニックを起こして奇声をあげてしまうことがあります。わざとではなく本人でもコントロールできない状態です。
恐怖や不安の度合いによりますが、まずは恐怖や不安の対象から引き離したり、気を逸らしたりします。
どうしても慣れなければいけない状況(例えば保育園)でも、急に完璧を求めずに、徐々に安心できる場所だと教えていくようにしましょう。

悔しくて奇声をあげている

自我が出てくると増えてくる理由です。自分の思うとおりに物事が進まない時、やりたくないことをやらなければいけない時、イライラや怒りの赴くままに奇声をあげてしまいます。
大きな声を出しても何も変わらないこと、言いたいことはきちんと言葉にして伝えること、根気よく言い聞かせる必要があります。

奇声=構ってくれると思ってしまっている

奇声をあげるとママが反応してくれることを学んでしまうと、ママの注意をひき付けるために大きな声を出すようになってしまうことがあります。
このタイプの場合、奇声に反応しないことが大切です。奇声をあげているときは反応しない、奇声をあげるのをやめたら応えるという風にメリハリをつけていると、
子どもは「大きな声を出してもメリットはない」ということを徐々に覚えていきます。

引用元-−-病児保育オハナ☆キッズケアが提供する育児コラムサイト

病気の疑いも…

外国では注意欠陥障害が四人に一人というデータまで出ているこのご時世。日本では治療をしない親が多いこと、あまり知られていないこともあり発見が遅れています。
自分の子供がなんだか周りと溶け込めていない、育てにくいと感じる母親がチェックしてみると良い発達障害の特徴をいくつかご紹介します!

1.奇声をあげる

一歳くらいまではキャーキャーと言った奇声を発するのは当たり前かもしれないですが、お話しできるような二歳時頃からは奇声は減ってきます。
それでも三歳になってもキャーと奇声が止まらないときは、ADHD【注意欠陥発達障害】の可能性があります。自分の行動をうまく脳が処理できないのです!
注意して行動を見守りましょう。

2.話をしても目が合わない

発達障害の特徴はコミュニケーションがうまく取れないことです。
会話をしているのに目が合わないときは要注意!
三歳にもなると目を見て会話ができるのが普通なのです!

3.お友達とうまく遊べない

やはりここでもうまくコミュニケーションが取れないことで多いのが友達との喧嘩。
保育園でやけに自分の子供ばかりがもめていると感じることはありませんか?
そんなときは危険です!なにかしらの合図なのかもしれません。
貸し借りなど出来ないときはじっくり様子を見ておかしいかなと感じたら相談所へいきましょう。

4.癇癪をよく起こす

気に入らないことがあるとキーキー床に倒れてまで、アピールする子供がいます!みんなもと思っていても回数があまりにも多いときは要注意!これも発達障害の兆候なのです。
発達障害のこどもに怒ったりしても逆効果で悪化してしまいます!きちんとした対処法があるのでそれに基づいて子育てをしましょう!

引用元-−-子ある日和

子供の特性に合った早期対応を!

わが子に、「障害」という言葉を用いることに抵抗があるママもいるでしょう。
しかし、その子の偏った特性が「障害」なのではなく、それによって生じる「今の世の中で子どもが生きていく時にママが感じる育てにくさ」、
「子ども本人が感じる困難や苦労」というようなものこそが、「障害」なのだと思います。

だからこそ、その「障害」の原因を早期に発見し、子どもの特性にあった対応や、適切な手助けをしていくことで改善されることは多いのです。
他人にはない特性をうまく伸ばすことで大成したり、歴史上に名を残す人も多くいます。
ニュートンやアインシュタイン、エジソン、モーツァルトなども、「発達障害」を持っていたと言われています。
子どもの成長に違和感を感じたり悩んだりしているママは、乳幼児検診や、各自治体が設けている相談窓口などで積極的に相談してみましょう。
例え「発達障害」と診断されなくても、わが子の心や成長に真剣に向き合うママには、必ず支援の手が差し伸べられることでしょう。

引用元-−-mamatennna

まとめ

子供の言動は、成長を確認する重要な材料です。
日々送られてくるサインを見逃さないようにしたいですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/3000live/status/610027412047294465″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ