皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

野球を楽しもう!ルールは簡単、基本だけで大丈夫!

      2016/12/30

野球を楽しもう!ルールは簡単、基本だけで大丈夫!

野球の基本的なルールは簡単♪基本をおさえるだけで、野球観戦が楽しくなります。

今回は、野球のルールを簡単に説明できるようにまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


野球のルール−どんなスポーツか簡単に説明

1チーム9人の選手で構成された2チームで、両チームが攻撃と守備を9回繰り返し、得点を競い合う球技です。※DH(指名打者制)の場合は、10人構成になります。
先に攻撃を行うチームを「先攻」、後で攻撃を行うチームを「後攻」といい、1回から9回まで3つのアウトを取られるたびに攻撃と守備を交代しながら試合は進みます。

引用元-女性のための野球観戦講座 | 福岡ソフトバンクホークス

野球のルール−どうしたらアウトになるの?

守備チームはどうすれば攻撃チームからアウトを取ることができるのでしょうか?
捕球したボールを打ったバッターが一塁に到達する前に一塁手に送球できた時、バッターが打ったボールを直接(ノーバウンドで)捕球したとき、ピッチャーがバッターから三振を奪ったときなど、アウトを取るためのプレーは様々です。いくつかアウトになるプレーをご紹介します。以下などのプレーで3つアウトを取ると、攻撃・守備の交代です。

・三振…ピッチャーがバッターから3つのストライクを取るとアウト

・フライ/ライナー…バッターが打った打球を直接(ノーバウンド)捕球した場合アウト
※内野フライ、外野フライ、ファウルフライ、サードライナー、ショートライナーなど

・内野ゴロ…地面をバウンドした打球を内野手が捕球して、バッターよりも早く塁に送球した場合アウト
※ランナーがどの塁にいるかによって送球する塁が変わってきます

引用元-女性のための野球観戦講座 | 福岡ソフトバンクホークス

野球のルール−ピッチャーとキャッチャーを簡単にいうと

投手

投手(ピッチャー)とは、打者に対して投球を行う選手のことを言います。
投手はアウトを奪うため、2つの方法を取ります。1つは投球にバットを当てさせずにアウトを取る方法で、三振を奪うことがこれになります。もう1つは打たせてアウトを取る方法で、打者のタイミングをずらしたりバットにしっかりと当てさせない方法です。ゴロを打たせたりフライを打ち上げさせたりすることがこれにあたります。
単純に同じところにまっすぐ投げているだけでは打者に簡単に打たれてしまうので、投手はストライクゾーンとボールゾーンの様々な箇所にボールを投げ分けます。このことを配球、コントロールする、などと言います。
さらに同じ箇所に投げる際にも、ボールのスピードに変化をつけたり、上下や左右にボールが変化するよう、様々な種類のボールを投げます。この投げるボールの種類のことを球種と言います。

引用元-野球のルール【野球って?】

捕手

捕手(キャッチャー)とは投手の投球を受ける選手のことを言います。捕手に向かっては様々なボールが高速で飛んできますので、捕手は怪我の危険から身を守るため、専用の防御具を身につけます。顔面を守るものをマスク、上半身(胴体)を守るものをプロテクター、膝とすねを守るものをレガースと言います。

引用元-野球のルール【野球って?】

野球のルール−攻撃側、バッターについて簡単に説明

まず押さえておきたいこととして、1番バッターの最大の目的は塁に出ること。これに尽きます。

塁にでて、3~5番バッターが長打(2塁打以上)を打ち点数を取ることが理想。なので足が速いく選球眼がいい、チームで一番ヒットが打て、一番ランナーに出やすいであろう選手を選びます。

引用元-野球の打順における役割とは?1番から9番までの特徴を解説 | Trend-Info

また足が速いとゴロを打てばヒットになる可能性が高く、ランナーに出たときに盗塁をしやすくなるのでチャンスを広げることができますね!一番打席がまわってくるので、チーム内で一番ヒットを打つ選手や盗塁が出来る選手が多いですね!

引用元-野球の打順における役割とは?1番から9番までの特徴を解説 | Trend-Info

野球のルール−守備の簡単な基本

■野手の守る位置
野手には定位置がありますが、基本的にフェア地域であればどこでも守っても構いません。ただしファウル地域で守ることは禁止されています。ファウルラインをまたいで構えることもできません。

■タッチアウトにするには
ボールを持っていて、持っていない方の手またはグラブでランナーにタッチしてもアウトとはなりません。必ずボールを持った方の手もしくはグラブでタッチしましょう。

引用元-守備のルール【ベースボールモンスター】

■打球の捕球
地面やフェンスに触れる前に打球をグラブや素手でつかめば捕球となります。打球に触れた後ジャッグルした場合も捕球と認められます。またグラブで打球を止めたものの完全な捕球前にこぼした場合でも、地面につく前に確実につかめば捕球となります。たとえばボールをグラブと体の間にはさめてとったときは、その後にグラブもしくは素手でキャッチできれば捕球となります。また、野手の一人がお手玉した球を地面に落ちる前に他の野手がキャッチしたら捕球とみなされます。その過程でお手玉した球が審判や走者にあたり別の野手がキャッチしても捕球したことにはなりません。

他にはボールデッドの地域に打球が飛んだ場合は、ボールデッド地域に足を踏み込まずにキャッチできれば捕球となります。捕球後にボールデッド地域に倒れ込んでも同じく捕球です。

引用元-守備のルール【ベースボールモンスター】

野球のルール−簡単な野球用語

■ダブルプレー/ゲッツー
1つのプレーの機会に2つのアウトを同時に取ることを言います。ゲッツー(ゲット・ツー・アウトの略)・併殺・重殺とも言います。

■タイムリーヒット
得点につながるヒット(安打)のことです。塁上にランナーがいる時にバッターがヒットを打ち、塁上のランナーがホームに生還して得点を挙げることができた場合、そのヒットは「タイムリーヒット」となります。

■盗塁
ランナーがピッチャーの投球と同時にスタートし、次の塁まで進むことで、スチールとも言います。

■タッチアップ
バッターがフライを打ち上げ、守備チームの選手がその飛球に触れた(捕球した

引用元-女性のための野球観戦講座 | 福岡ソフトバンクホークス

まとめ

事前に専門用語などを少し頭に入れて観戦しながら覚えると簡単なのではないでしょうか?ひいきの選手が出来ると盛り上がりますよ。

twitterの反応


https://twitter.com/motty_73/status/635292679975231488

 - 運動 ダイエット 趣味

ページ
上部へ