皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

絨毯・ラグの違いを活かして、お部屋の居心地度がアップする!

      2016/12/30

絨毯・ラグの違いを活かして、お部屋の居心地度がアップする!

お部屋に絨毯がある方が落ち着きませんか?

エリアラグも近年は充実していますよね。

今回は絨毯とラグの違いついて調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

絨毯とカーペット

絨毯(じゅうたん、絨緞)とは、屋内の床に敷くための織物や敷物のことである。カーペットとも呼ばれる。歴史的には、織物、草でできた敷物、テーブルや壁を覆うものにも用いられた語である。

引用元-−-Wikipedia

絨毯(カーペット)

1.クッション性

床は毎日必ず触れる場所です。フローリングも良いですが、カーペットを敷くと柔らかな歩き心地を感じることが出来ます。また、フローリングとカーペットでは体に掛かる負担が変わるのをご存知でしょうか?固いフローリングでは歩いたときの衝撃がそのまま体に伝わるのでどうしても疲れやすくなってしまいます。カーペットのクッション性があれば体に伝わる衝撃が軽減されるので毎日、掃除などで家の中を歩き回る主婦の方にはこのクッション性は大切ですね! フローリングより滑りにくいというメリットもあります。

2.断熱性

これ大事です。特に寒い冬には痛感します。カーペットがあるだけで帰宅後の冷えた部屋に入ったときの寒さが全然違いますよ!特に寒い北海道にお住まいの方ならカーペットの有り難さをわかっていただけるのではないでしょうか?

3.防音効果

防音効果は特にマンション、アパートに住まわれている方にはとっても大切な効果ではないでしょうか?騒音トラブルに合わないためにもカーペットの防音効果は重要ですね!小さいお子さんがいる家庭では子供のドタバタと走り回る音は気になってしまいますよね。

4.ホコリ対策

カーペットの見逃せない効果としてホコリ対策があります。フローリングのようなつるつるした床は、人が歩くたびにホコリが宙に舞ってしまいます。ですが、カーペットのような糸が密集して作られた床は、ホコリが糸に引っかかったり、絡み合ったらリしてくれるので、空気中に舞うことが非常に少なくなります。私達が呼吸する際に、ホコリの少ない状態で呼吸出来ると言うことです。
以上がカーペットの役割です。上記のようなお悩みがある方はラグではなく、カーペットを選ぶことをオススメします。

引用元-−-KAGU-NOTE

カーペットとうまく付き合う方法

汚れはすばやく広げずに

食べこぼしなどもフローリングはさっとふき取るだけで取れますが、カーペットはそうはいきません。被害を最小限に抑えるにはこぼしたままにしておかないで汚れを広げないように拭き取るようにしましょう。ジュースや醤油など水溶性の汚れは薄めた中性洗剤をきれいな雑巾につけて叩くようにするといいでしょう。また、防汚加工を施しているカーペットも増えていますので、そんな点も注意して選んでいきましょう。

手軽に取替えできるカーペット

カーペットはフローリングなどに比べると食べこぼしなどの汚れには対応しにくいことは否めません。小さなお子さんがいて汚しやすいのであれば、取り替えたりクリーニングが容易なタイルカーペットやラグなどがお薦めです。タイルカーペットは一つが約40~50cm角になっているので、汚れた部分だけを取り替えることができます。施工も簡単で自分で貼ることもできますから検討してみてはいかがでしょうか。

引用元-−-All About

ラグ

ラグは床を部分的にカバーする敷物です。大きさとして、大体3畳ほどの大きさまでを「ラグ」と呼びます。ラグより小さいものを皆さんご存知の通り「マット」と呼びます。

ラグを使う効果として、カーペットと同様の効果があるのは事実です。しかし、ラグは冒頭でご説明した通り、床の一部分しかカバーしないためカーペットを使う4つの効果がどれも半減します。
ですが、ラグがカーペットより優れている点は「部分的に敷くことが出来る」です。
カーペットを敷くほどではないんだけど、ちょっと何か敷いておきたいな!という場所にはラグが最適です。

引用元-−-KAGU-NOTE

ラグの役割

ラグはただの飾りではありません。他に役割があるのです。
もともとラグは日本にはなかったもの。
敷物に関しては欧米から影響を受けましたが、日本人のくつぬぎ文化は変わりませんでした。

だから私たちのラグの使い方は他の国とは少し異なりますし、その歴史も浅いので選ぶことに慣れていないのです。
もちろんラグがあるだけでお部屋は華やかになります。
でもその役割は空間を演出するだけではなく実にさまざま。
たとえば、大きなラグで床を覆うと保温の効果があるのは、実感したことのある人も多いはず。

また、マンションライフの場合、下の階に気づかって消音対策でラグを敷くのもよいでしょう。
フローリングの家では床のキズ防止にも十分役立ってくれます。
ホコリをキャッチする機能もあるので、お子さまの健康を考える方にもおすすめ。
そして、ペットのいるご家庭では滑り止めや抜け毛吸着の役割も果たしてくれるのです。

どんなデザインがほしいかを考える前に、あなたがラグに求める機能は何なのかを、まずじっくり考えてみてください。

引用元-−-MATERIALS

 

生活シーンに合わせるラグ

どこに置くラグをお探しですか?空間によって選ぶポイントは変わります。
その空間で人が何をするかが、ラグ選びの最大のポイントです。
リビングとダイニングでは必要な家具が当然違うように、ラグも最適なサイズや素材は異なるのです。

それだけでなく、その場所を利用する人数、また床中心の生活をするスペースか、ソファや椅子中心の空間かという点でもラグに必要な役割は変わってきます。
もちろんお部屋の広さやどんな家具を置くのかということもラグのサイズを考える上では重要なポイント。

ですから、空間や家具を正確に測って最適なサイズを考えましょう。
それぞれの空間に合ったラグを見つけるために、生活シーンを具体的に思い浮かべて、サイズや素材を考えてみてください。

引用元-−-MATERIALS

ラグの選び方

ラグの機能の選び方

ラグにも様々な機能というか加工がありまして、それらをご紹介したいと思います。

・ウォッシャブル … 洗濯ができると言う意味です。
・防ダニ加工… ダニの発生を防ぎます。
・防臭加工 … 悪臭の発生を防ぎます。
・防炎加工 … 燃焼に対する耐性を持っています。
・防水加工 … 撥水効果のあるラグです。
・床暖房対応 … 床暖房の上において使えるという意味です。

代表的なものは上記ですが、他には防アレルギー加工などもあり、細かいホコリなどがたまりにくいものもあります。
防炎加工のものなどはキッチンマットに良いですね。

ラグの形の選び方

ラグの形はメインが長方形、ついで正方形、サークル形、不規則形、とあります。
長方形、正方形、不規則形はリビングなどで問題なく使えますが、サークル形は、姿見鏡の前などにおいてゾーンをつくるのに便利です。
ょっと立ち止まるような場所にサークル形で演出してあげるとオシャレだと思います。

ラグのサイズの選び方

ラグのサイズは100×140、140×200、200×200、200×240cmといった感じに分かれています。
テーブルや部屋のサイズに合わせて選ぶといいと思いますが、床をほとんど隠してしまうようなサイズを選ぶのはやめておいた方がいいでしょう。
大抵ぶかっこうなイメージになりますし、なにより窮屈な印象が強くなります。
適度にゾーンを意識できるようなサイズがいいと思います。

引用元-−-インテリアハート

まとめ

いかがでしたか、ケースバイケースでお部屋に合わせてしっかりと計画的にコーディネートしたいものです。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/spa_ohji/status/524499006844461058

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ