皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

ナイロンが良い?ポリエステルが良い?その違いを知りたい。

      2016/10/18

ナイロンが良い?ポリエステルが良い?その違いを知りたい。

スプリングコートや、ジャケット。

素材を見るとポリエステルやナイロンが多いですよね。

今回はその違いをフォーカスしました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

ナイロンとポリエステルの違いを教えてください(Q&A)

両方とも原料は「石油」です。

ナイロンはアメリカのデュポン社の研究員により開発され、
デュポン社で商品化されました。
合成繊維としては最も早く当時は「石炭と空気と水」から作られた
ナイロンは「くもの糸より細く、絹よりも美しく、鋼鉄より強い」
といわれ、合成繊維時代の幕開けとなりました。

ポリエステルはナイロンに次ぐ強度があります。
耐摩耗・耐久性にすぐれています。
シワの回復力が良いです。
油・カビ・虫などに影響されません。
ナイロンやアクリルと比べると耐熱性が高いです。
ただし欠点は、毛玉が出来やすい、静電気がおこる。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

ナイロンとポリエステル・吸水性はどう違う?

ポリエステルとナイロン、吸水性、吸湿性や速乾性はどちらが上か

スポーツウェアや登山などに用いるベースレイヤーと呼ばれるインナーウェアなどは、吸水性があって、速乾性も求められる代表的な用途ですが、この場合、吸水性と吸湿性は異なるものとして扱われます。

人の皮膚は常に呼吸していますが、一見汗をかいていないように見えても、皮膚の表面からは水蒸気になった「汗」を放出しています。運動をしたり、気温が高くなってくれば液体の汗が出てきますが、それ以外にもこの水蒸気状態のものが出ているため、インナーウェアには吸水性のほか吸湿性が求められることになります。

ナイロンのほうがポリエステルよりも吸水性は高くなります。また、吸湿性についてもナイロンよりもポリエステルのほうが低くなります。速乾性については、ポリエステルのほうが高くなります。

ポリエステルはもともとほとんど吸水性がありませんが、親水性化合物を練り込むことで、吸水性を化学的に付与することができます。また、繊維の形状に「異形断面」や「微多孔構造」を採用することで、毛細管現象が起きることで、天然繊維を上回る吸水性や、速乾性を付与することができます。こうした高機能繊維として使われているポリエステルと、汎用のポリエステルは異なるということを念頭に置いておく必要があります。

高機能繊維としては、吸湿性と放湿性を向上させた「改質ナイロン」と吸水性を向上させた「異形断面形状ポリエステル」とを混ぜた製品も出てきています。

引用元-−-「砥石」と「研削・研磨」の総合情報サイト。

ナイロンとポリエステル・重さ、温度、摩耗

ポリエステルとナイロン、軽さはどちらが軽いか

両者とも軽い材料ですが、厳密に言うのであれば、ナイロンのほうが軽い材料となります。登山用のザックなどで大型のものになると、グラム単位で重量を調整することがありますが、こうした場合はナイロン系素材に若干優れています。ただ、両者とも比重は1を超えていますので、水には浮きません。

ポリエステルとナイロン、耐熱温度はどちらが上か

汎用のナイロンとポリエステルを比較すると、ポリエステルが若干耐熱温度が高く、上は140℃から160℃前後まで耐えられるタイプのものもありますが、ナイロンでも耐熱性を強化したアラミド繊維のような500℃近くまで耐えられるものもあります。一般的なナイロンとポリエステルを比較した場合は、耐熱性についてはポリエステルのほうが高いと言えます。

ポリエステルとナイロン、磨耗にはどちらが強いか

ナイロンは磨耗に対して無類の強さを発揮する素材です。このため、ナイロン繊維で作られた布材が、耐磨耗性を要求される製品に使われています。ポリエステルも磨耗には強いですが、この項目ではナイロンに軍配が上がります。

引用元-−-「砥石」と「研削・研磨」の総合情報サイト。

 

ナイロンとポリエステル特徴

ナイロン

ナイロンは化学繊維の中でも長い歴史をもっているものの一つで、衣料用からインテリア用、産業資材用などあらゆる用途に使用されています。

ナイロンは他の合成繊維に比べて摩耗や折曲げに対して強く、しなやかな感触をもっていることが大きな特長といえます。このため薄くて軽く柔軟性に富んだ織物や編物を作ることができます。さらに染色しやすいなどの特長もあり、近年衣料用の新しい素材開発が盛んに行われています。

ナイロンはフィラメントがほとんどで、非常に細いものから極めて太いものまであり、スポーツウェアやランジェリー、パンティストッキングなどの衣料分野、カーペットなどのインテリア分野、さらには漁網、ロープ、タイヤコードなど産業資材分野にも広く使用されています。

特徴

非常に強い繊維の一つです。摩耗や折り曲げなどに対しても非常に丈夫です。
1.比重は1.14で生糸の80%、綿の70%という軽さです。
2.水にぬれてもほとんど水を吸わないので早く乾き、洗濯が簡単です。
3.弾力性に富み、しわになりにくい。
4.熱可そ性があり適正なセットをすると、伸び縮みしたり、形くずれすることはほとんどありません。
5.薬品、油に強く、海水にもおかされません。
6.カビ、虫の害を受けません。

ポリエステル

ポリエステルは化学繊維の中で一番多量に生産されており、その生産量は年々増え続けています。ポリエステルは非常に強く、しわになりにくく、吸湿性が少なく、熱可そ性があり、酸やアルカリに強いという特長をもっています。

特徴

1.非常に強いせんいの一つで、ぬれても強さは変わりません。磨耗に対しても同様です。また合成繊維の中では比較的熱に強いせんいです。
2.長時間日光にさらしても強さはほとんど変わりまぜん。
3.吸湿性が少ないので洗濯しても伸び縮みせず、すぐ乾きます。
4.熱可そ性があり、伸び縮みしたり、形くずれすることはほとんどありません。
5.薬品に強く、虫、かびの害を受けません。

引用元-−-DAIICHI SEIMO

最近は、ポリエステルに代わって来た?

ラベンハムのキルティングジャケットは、エリザベス女王に仕えていた女官が、馬用の毛布(ホースラグ)をキルティング加工したナイロンでつくったのが始まりだそうだ。
それを馬のオーナー諸氏が自分の乗馬服も「これで作れ」となったのだとか。
英国王室御用達となり、今では世界中に愛用者がいるという。
(英国王室御用達についてはまたいずれ書こうと思う)

さて、近年このラベンハムのキルティングジャケットの様子がおかしい。
表地がポリエステル製のものが主流となりつつあるのだ。
BEAMSやユナイテッドアローズ等のセレクトショップで売られているものは、ほぼポリエステルに移行したといっていい。

ナイロン製とポリエステル製とを見分けるのは至極簡単で、ポリエステル製の方はあわせ部分のボタン周りが襟元から裾へ、そしてサイドベンツを通って背中でぶつかるまで、一周すべてがコーデュロイとなっている。
ポケットのトリミングもコーデュロイだ。
ナイロンのほうは同部分すべてがナイロン製である。
自分が所有しているのはナイロンのほうで、ポリエステルに比べて多少硬い。

ここで、どちらがいいかを考えてみる。
肌触りは大した違いはない。
では、「コーデュロイを多用したポリエステルのほうが得か?」というとそんなことはない。
素材としての価格はナイロンのほうが高く、事実プラダ等の高級品もナイロンを使用している。
それにナイロンのほうが素材としての強度と保温性が上だ。
元々の出が、ホースラグで、それをアレンジした乗馬服が祖。
アウトドアに短を発するということで、ますますナイロンのほうが素性が宜しい。

では、なぜラベンハムはポリエステル製を世に放ったのか?
実は数年前から異常な人気を見せたラベンハムに対し、先述のセレクトショップが相次いで別注を掛けた。
自身のショップのオリジナルデザイン、オリジナルカラーと覇権を競うように。
しかし、ナイロンのトリミングテープが5色しか存在しないために定番のレギュラーカラー以外を作れないのでした...。

そこで登場したのがポリエステル。
加工性に優れ、発色も自在なポリエステル清華増えていったというわけ。
最近ではピンクだの水色だのと、目を疑うようなカラーが存在している。

笑えるのが、海外ではナイロンモデルしか存在しない。
なぜなら、先に述べたように素材としての性能がナイロンのほうが上だから。
欧米人は合理的に出来てるんですね!

ということで、ラベンハムはナイロン製に限ると断言しておきます。
まぁ、化学繊維のほかにいまではウールだのなんだのっていっぱいあるから、本当はどうでも良いんだけどね...。

引用元-−-瞬間★差楽部

まとめ

ナイロンもポリエステルも非常に便利な繊維ですよね。ポリエステルは吸湿性が少ないものの他の素材を入れ込むことによって補うことができるのならば怖いものなし。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/9ripara/status/156027337186607104

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ