皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

すのこベッドに変えたのに!布団からカビ?!

      2016/09/12

すのこベッドに変えたのに!布団からカビ?!

さすが日本人。

すのこベッドなるものがあるのは、

日本が湿気が多い国だからでしょう。

しかし、それでも布団からカビが生えてくる事があるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

布団にカビが?・すのこベッドの必要な理由

すのこベッド購入の動機で最も多いのは、ふとんにカビが生えたからかもしれません。
数日間敷いたままにしていた布団をめくってみたら、敷布団の裏側がじめじめしていて、そこには、点々と黒いカビが。
なんじゃこりゃーって感じです。
私がすのこベッドとゆーかすのこマットという製品に興味をもったのも、布団にカビが生えたからです。
こどもの頃、畳の上に布団を敷いて寝ていましたけど、布団の裏にカビが生えるなんてことはありませんでした。
家はスキマ風が吹き込んで、湿気がこもるということもなかったし、ちゃんと毎日布団をあげてましたからね。

でも、現代の日本では、高気密高断熱はあたりまえ。部屋のなかに湿気がこもる。
ある温度の空気のなかに存在できる水蒸気の量は決まっているので、湿気が増える、あるいは温度が下がれば、部屋のなかの冷たい部分に接した水蒸気は気体として存在できなくなって水に変わり、結露します。
フローリングの上に敷いた布団の場合、寝ているあいだに人体から生じた水蒸気が布団に入り、それが冷たい床に触れて結露します。
それをほうっておくと、布団はじめじめ。ちゃんと布団を干さないでいると、カビが生えてくるのも時間の問題です。
布団とフローリングの間にすのこを噛ませて、空気の層を作ることができれば、布団下の湿気を布団の外に逃がすことができます。

これを実現するのが、すのこベッド。
ふとんとカビの関係を断ち切ります。
でも、過信するのはやめましょう。
その部屋の環境にもよりますが、すのこベッドを使っているからといって、布団を敷いたままにすると、カビが生える可能性はあります。
そんなめんどくさがりは、足つきのホントの「すのこ付きベッド」を購入した方がいいです。
そんなベッドを置ける空間がないから布団で寝てるんだって方もいらっしゃるでしょうけど。
そんな人は、こまめに布団をあげるしかありません。

一定の条件(つまり、湿度、温度、栄養)があれば必ずカビは生えます。
すのこベッドを使っていてもです。
逆に、条件がそろわなければ、ふとんを敷いたままにしておいてもカビは生えません。
このへんが難しいところです。
その土地の気象条件やお部屋の環境によって、特に結露が激しい場合は、すのこベッドとともに除湿マットを併用したほうがいいかもしれません。

引用元-−-すのこベッド愛好会

すのこベッド

選び方

すのこベッドには折りたためるタイプと普通に設置するタイプがあります。

お部屋のスペースを有効的に使いたい人は折りたためるタイプ。
安定性を求める方には設置するタイプがオススメです。
また、すのこに使用している材質によっても寝心地が違ってくるので、材質にも注目しましょう。

サイズ

すのこベッドのサイズはシングルサイズとセミダブルサイズが主流です。
平均的な体格の人はシングルサイズ、体格の良い成人男性や大きさに少し余裕が欲しいならセミダブルサイズが良いでしょう。

セミダブルサイズは1人での使用を前提としているので、大人1人なら問題なく使用できます。
また、ダブルサイズも稀に販売されていますが、価格はシングルサイズとセミダブルサイズと比べるとかなり高くなります。

引用元-−-e-bed

すのこベッドの材質

すのこに使われる木材は無垢材が使われることが多いです。無垢材とは天然木を加工せず自然の状態の材質のことを言います。
天然木は吸放湿効果と言って、湿気が高いときは湿気を吸収し、逆に乾燥しているときは湿気を放出するという効果が期待出来ます。湿気を調整してくれる天然木のすのこがカビの好むジメジメ感を防いでくれるため、すのこベッドはカビ対策に効果的なベッドとなります。以下、代表的なすのこベッドの材質をご紹介します。

檜(ヒノキ)のすのこベッド

ヒノキは言わずと知れた高級木材です。ヒノキには吸放湿効果はもちろん、消臭脱臭効果、ヒノキの香りによるリラックス効果、抗菌防虫効果など様々なメリットがあります。その分値が張りますが十分な予算がある方は是非ヒノキのすのこベッドをおすすめします。

桐(キリ)のすのこベッド

桐は日本古来よりタンスなどの家具の木材として親しまれてきました。桐は木材の中では最も軽く、狂いが少ない木材です。吸放湿にも優れていますのですのこベッドにも最適な材質です。

杉(スギ)のすのこベッド

杉はポピュラーな木材で家具としてよう活用されている木材です。すのこに適した吸放湿効果はもちろんですが、杉は成長が早いため流通量が多く低価格で購入することが期待出来るというメリットがあります。

パイン材のすのこベッド

パイン材にの特徴は木の香りです。パイン材のすのこベッドは木の香りを感じることが出来ますのでリラックス効果が期待出来ます。桐やヒノキと比較すると安価に手に入れることが出来ます。

引用元-−-KAGU-NOTE

すのこベッドからカビが?

いくら「すのこベッド」でも湿気やカビを完全に防ぐことは出来ません。
そこで、すのこベッドの下に逃した湿気を取り除いてくれる小型の除湿機を定期的にかけると良いでしょう。

こまめに布団を上げ下げすることでもカビを防げます。
できない場合は、布団の下に除湿シートを敷くと、湿気を吸収してくれます。 洗濯物にも注意です。
洗濯物を干していると部屋の湿度が高くなるので、できる限り気を付けましょう。

引用元-−-e-bed

すのこベッド・折り畳み機能付

アイデアもさることながら画期的な機能にびっくり。
これにより折りたたみが片手で、女性でも行えるというから見逃せない!

しかもさすがの日本製。
きちんと金属プレート同士で引き合うようにしてある。(本体の木に不用意に穴を開けない)
これにより耐久性も良好なのでしょう。

引用元-−-mysimasima

 

これだけしっかり通気してくれれば、湿気もなくなりカビの元になる結露も改善されますね。
そもそも毎日布団を畳めばいいだけの話なのですがこれなら一発で布団干しができちゃう!

布団を乗せたまま干せる
まさに横着の極みですね〜。これはめんどくさがりな僕にとっては非常にありがたいアイテム!
よくある安い商品は、いったん布団を外し三角に組み立てなおしてから布団を乗せる。

この3モーションがたった1モーションで終わる。これすごい!

引用元-−-mysimasima

カビが原因で起こる病気

カビが引き起こす病気には、大きく分けて次の3つがあります。
・アレルギー疾患
・感染症
・カビ中毒

アレルギー疾患はカビの胞子がアレルギーを引き起こすもので、気管支ぜんそくや鼻炎などがあります。特に、ススカビと呼ばれる「アルテナリア」というカビの胞子は大きく、これが鼻の中に入ってアレルギー性鼻炎を起こすとされています。

感染症は、カビが人体の組織に取り付いて引き起こすもので、代表的なものは「水虫」や「タムシ」。日本では多くの人が悩まされている疾患です。
カビ中毒は、カビ毒(マイコトキシン。カビが作る毒性物質)により引き起こされるもので、食品衛生上問題とされているのは、十数種類程度です。細菌による中毒とは異なり、食べた後間もなく吐き気や激しい痛みに襲われるということは比較的少なく、慢性疾患からのガンや肝臓・腎臓障害となってあらわれてくる場合があります。
発がん性が「天然物の中で最強」と言われるのもカビ毒の一種。カビが生えた食品は食べないようにしましょう。

引用元-−-かびと健康

まとめ

お部屋の環境によって対策は様々ですが、快適に過ごせるようにつくすしかないですね。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/rumi_neisan/status/594857317062955008


https://twitter.com/otayuri/status/421055866385608704


https://twitter.com/ONK25/status/290110464493502464

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ