皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

骨格の男女での違いについて。

      2017/01/18

骨格の男女での違いについて。

骨は硬いので、変わらないなんて思っていたら、

骨や骨格は時代の流れ、はたまた自分自身の体の使い方で

変化していくようです。

また、男女でも違いがあるようです。

骨格の男女での違いについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

骨格の男女の違い

男性の骨格は通常、女性のものに比べて、より大きく重いです。また関節を作る骨の端もより太いのが特徴です。
これは、男性の筋肉が女性より発達していることに理由があって、女性より大きな筋肉が付着する骨の付着部がより大きく太くなるといったことなのです。

そして女性と男性の骨格の違いで、一番大きな違いは、女性の妊娠と出産に関係したものでしょう。
女性は男性のものに比べて、より広く、より浅いので、女性の骨盤は、大きな空間をもつことになります。
とくに、骨盤の上と下口は、男性に比べて、より広く、出産の際には赤ちゃんの頭がとおる通路となります。

このように骨自体は筋肉も発達している男性の方が大きく太いのですが、骨盤に関しては赤ちゃんを産むことに関係して女性の方が広く大きくなっているのですね^^。

私のところに来る女性の患者さんの中には、「骨盤が広がってしまって・・・」と気にしている方がよくいますが、骨盤が広く、お尻が大きいのは、女性の正常な骨格なのです。

女性は赤ちゃんを産むために広く大きい骨盤を持っているのですね。

引用元-−-Think Health

男女の頭蓋骨の違い

・男性では…
額部分が平たくて斜面になっていることが多く、眉毛のあたりの眉弓の骨がやや出ています。
後頭部も出っ張り気味で、頭蓋骨全体がゴツゴツした感じがあります。

・女性では…
額部分が丸みを帯びていて、丸いオデコ形状をしています。
眉弓の出っ張りはなく、後頭部もなだらかで、頭蓋骨全体が丸みを帯びてやさしい感じがします。

頭蓋骨全体の大きさも男性より女性のほうが小さめです。
ワタクシ、今でこそ頭蓋骨です〜  なぁーんつってるけど、昔はこんな図でさえ、できたら見たくなかったほうです^^;

よく理科室にあった全身の骨格模型が一体あるのですが、今では「ガイちゃん」という名前までつけて仲良くしてます フフっ

硬い食物をあまり食べなくなったことで、現代人の顎は細くなってきており、食事の変化に伴って、顔の筋肉自体も弱くなってきているようです。

噛みグセ・寝ぐせ・頬づえなどの日常の習慣も加わって、大小23個の骨で構成されてる頭蓋骨は、バランスを崩しやすくなります。

引用元-−-大阪の女性専門出張整体ならL’arche(ラルシュ)におまかせください

男女骨格を比率で見ると…

男性と女性の骨格の違いを述べます。

まず肩幅。
男性の肩幅は[頭部の縦の長さ×2]となり、女性の肩幅は[頭部の縦の長さ×1.5]となります。
もちろん、これは平均的な比率の値であり、これより狭い人・広い人はたくさんいます。

次に腰幅。
男性の腰幅は[頭部の縦の長さ×1.5]となり、女性の腰幅は[頭部の縦の長さ×2]となり、つまり肩幅の逆になるわけです。

この肩幅と腰幅の比率の違いが、男性・女性の骨格の一番の違いでしょう。

次に共通項。
まず、問題の乳頭の位置ですが、これは第4肋骨と第5肋骨の間に位置し、頭頂部から1.5〜1.8頭長の位置にあります(首の長さにより差が生じるため)。

胸骨とは胸部前面にある、肋骨が集合する平たい骨であり、胸を指で押さえるとすぐにわかります。
この胸骨はちょうどネクタイのような形をしていて、頭長の約3/4の長さになります。

引用元-−-マユネイズ まゆちゃんのpetit骨格考

16世紀〜20世紀までの頭蓋骨の標本から判ったこと

16世紀の人々の頭部顔面骨格の性差は、現代人と比べ大きなものだったとのこと。時代とともに男性の顔も女性の顔も変化してきているのですが、男女の顔立ちを近づけるような変化は女性で特に顕著で、現代のスペイン人女性は16世紀のスペインの女性と比べはるかに「顔の造りが大きい」ことなどが例示されています。

形態学的に頭骨の持ち主の性別を特定できるようになることは、犯罪捜査や学術的調査などのさまざまな分野で、全身骨格ではなく部分的な骨格しか残されていない場合には特に役立つという考えから、今回の調査は男女の差に重点を置いて行われたそうです。

時代による男女の顔の骨格の変化が示されたことにより、古い骨格を現代の基準で分析することは不正確な結論を招きかねないということも示唆されるとRoss博士は述べています。

また、調査ではポルトガル人の頭部顔面骨格の性差はスペイン人のものと非常に近いことも示され、スペインで確立された頭骨の性別特定の手法はこの地域で広く適用できるだろうということも示唆されています。

男性が「男らしくなく」女性が「女らしくなく」なってきているというのは、良い意味でも悪い意味でも、いつの時代も世界中で語られ続けてきたことなのかもしれません。今回の調査はスペイン・ポルトガルに限ったものですが、世界各地のさまざまな民族・人種で男女の顔が時代とともに均質化されてきていて、「未来人」はより中性的な顔立ちとなる……ということもあるのではないでしょうか。

引用元-−-GIGAZINE

 

骨の形が変わる?

”健康な人であれば骨に負荷が掛かれば、その骨はその負荷に耐えることが出来るように強くなったり、逆に負荷がなければ弱くなる”と言う事が起こると言う事です。

ではなぜ骨粗鬆症には筋力トレーニングが良いか?と言うと、筋肉の始まりと終わり(起始と停止)は骨に付着していますから物理的にストレスが掛かります。だからこそ筋肉が収縮を起こすと骨に負荷が掛かり、骨密度が少しずつ上がり良い予防策になるのです。

と言う事は逆説的に考えると、動きを最低限の筋出力で行ったり(動きの質を上げる)、筋肉を動かす機会を減らすと骨への負荷が減って骨は細くなるのです。でもそれはどうすれば出来るのかと言うと、骨の動きを最大限に利用する事です。

それは関節の稼働範囲を最大活用する方法であり、その為には一つ一つの骨がどう動くのかを知り関節がどの方向にどういうタイミングで動くかを詳細に学ぶことです。実際にそれを元にピラティスインストラクター&ヒップホップダンサーである福島由美子さんが、元々小さい頃にオズグッド病になり、それ以来すねの骨(脛骨粗面)が軽くとんがりコーンのようになっていましたが、下半身(特に大腿骨)の使い方を変えて毎日意識して使っていたら約2ヶ月ぐらいで1センチぐらい骨が小さくなったのです。

理由としては大腿骨には大腿四頭筋がありますが、筋膜のつながりでそれらと脛骨粗面はつながっているので基本、太ももの使い方が効率的でなかったり、膝が伸びきっていないと立っているときは常に大腿四頭筋は収縮状態にあります。だからこそ脛骨粗面の骨は引っぱり続けられて骨はその姿、形を維持します。でも大腿骨、膝のお皿(膝蓋骨)、脛、足などの動きの質が向上するとそれらの骨も自ずと変化をし、小さくなるのです。

他の例としては、あるクライアントさんは帝王切開、肝臓がんによる開腹手術、その他諸々の事情で最初にセッションにいらした時は下半身に対して上半身が完全に後ろに反り返っている姿勢でした。その為、腰の骨にある後ろの突起(棘突起)がものスゴい大きさになっていましたが、今では姿勢が変わり背も伸びてその突起がかなり小さくなりました。それもやはり無駄な力がそこに掛からなくなった事が理由です。ですから背骨の骨も変わるし、そういう意味では背も結果的に“年を取って縮んだと思っていたもの?”がオリジナルに近い方向に戻り得るのです。

引用元-−-Serendipity Bodywork

骨の太さ

骨の太さを決めるもの
骨の太さを決める一番大きな要因は、一人ひとりが生まれつき持っている遺伝子です。
クロマニョン人と現代人の骨格が大きく違うのも、欧米人と日本人の骨格が大きく違うのも、生命の設計図とも言える遺伝子に書かれている情報が違うからです。
そして残念ながら、この差を努力で克服することは難しいと思います。

成長期までなら栄養状態を良くしたり、運動によって負荷をかけることで、ある程度は骨を太くすることは可能でしょう。
しかし、骨格というのは筋肉のように、いくら鍛えても2倍、3倍の太さになることはありません。

従って、生まれつき骨格が細いという人が、もともとガッチリした骨格を持っている人とおなじくらいまで骨を太くするのは、ほぼ不可能だと思います。

引用元-−-肉体改造研究所

骨の骨密度

骨の強さと骨密度
骨のことを考える上で重要なのは、太さよりも骨密度です。
そして骨密度は、努力次第で高くすることができます。

人間の骨は石のように硬い物質に見えますが、実は内部の細胞が生きていて、成長したり物質が入れ替わったりしています。

だから筋肉と同じように負荷を与えて、その後栄養をとってしっかり休ませると、密度の高い強い骨になってくれるのです。

ただし、カルシウムは一般的に不足しやすい栄養素だとも言われていますので、栄養補給を考える上では、その点について十分注意してください。

引用元-−-肉体改造研究所

まとめ

骨格は人間にとって要です。最近骨格診断といって骨格の診断からスタイルアップする洋服を提案する方法があるのだとか。
また、病気で変形していた骨格も正常の形に戻るとか。いつまでも元気でいるために、正しい情報を取集しましょう。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/xazicat/status/574565198784172033


https://twitter.com/bunny_37/status/527465617939365888

 - 健康・病気

ページ
上部へ