皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

赤ちゃんのアレルギーに注意!検査はいつから出来るのでしょう。

      2016/12/06

赤ちゃんのアレルギーに注意!検査はいつから出来るのでしょう。

赤ちゃんは、とても弱い存在です。

大人が気を付けてあげればアレルギーを防げるかもしれませんよ。

どんな時期、いつから検査が可能なのか?

赤ちゃんのアレルギーについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

赤ちゃんのアレルギー

赤ちゃんのアレルギーには、食物を消化する機能や、有害なものから体を守る皮膚のバリア機能が未熟なことが関係しています。そのため、成長につれて機能が発達すると、症状がやわらぐこともよくあります。 乳幼児期のアレルギーは、食べ物が関連していることが多いのですが、他にも家の中のダニのフンや死骸、浴室や洗面所のカビなどもアレルギーの重要な要因です。また、近年では「ペットアレルギー」も増加の傾向にあり、代表格は猫の皮膚腺や唾液のタンパク質が原因です。

引用元-−-赤ちゃんの部屋

IGE検査

「総 IgE値」「特異的 IgE値」は、低月齢の赤ちゃんだと、きちんとした値が出ずに、おかしな値が出ることもあるようです。

なので、症状がそれほど強くなければ、生後5〜6か月になるのを待ってから血液検査をするというのが通常。
あまり早すぎると、赤ちゃんが痛い思いをするだけで、正確な検査結果が出ない、なんてことにもなりかねませんからね。

治療方針を決める材料を、「少しでも増やそう」という考えで、症状が重いときには、生後3か月でも血液検査をする場合もあります。

引用元-−-子肌育Blog アトピーに負けない生活

TARC検査

TARCは、乳児のアトピー性皮膚炎にも用いられるようになってきました。乳児湿疹と言われている赤ちゃんの中には、かなり多くのアトピー性皮膚炎が混じっています。しかし、診断がつくのは湿疹が全身に広がってくる3〜4ヶ月頃です。ここから治療が開始されているのが現状です。

“アトピー性皮膚炎の早期介入”とは、乳児期早期から積極的にアトピー治療を開始することを言います。アトピー性皮膚炎の赤ちゃんでは、顔にしか湿疹が見られていない生後1〜2ヶ月くらいの乳児期早期でも、既にTARCはかなり高値になっていることがあります。つまり、皮膚深部では炎症が進んでいると言うことです。これが月齢が進むにつれて全身に拡がっていくわけです。

TARCを参考にして、乳児期早期から積極的に治療を始めれば、湿疹が全身に拡がることを防ぐことができるかもしれません。

引用元-−-乳児のアトピー性皮膚炎

プリックテスト

プリックテストは、皮膚に抗原液をつけて、その部分をプリック針で軽く傷つけてその部分の膨疹径を測定する検査です。

プリックテストの意義としては、IgE抗体の血液検査で陰性だったが、なんらかのアレルゲンが疑われる時に、プリックテストを行うと判定できる場合があります。

2〜3ヶ月の乳児では血液検査では特異的IgE抗体の検査であるCAP RASTが陰性の場合があるようなので、そうゆう場合の血液検査が陰性の時に役に立ちます。

つまり、血液検査で分からなかった場合に有効な検査なわけです。

プリックテストは、皮膚でのIgE抗体を介した反応をみていますので、これによって、アレルゲンに対する反応があるかどうかを判定できます。
ですが、血液検査であるIgE抗体検査と同様にこのプリックテストで陽性となったからといって、食物アレルギーが確定したわけではありません。

ですので、このテストで陽性になったからといって、即食物制限をしなければならないということではありません。

引用元-−-乳児湿疹の悩みを解消するサイト

事前にテストする

アレルギー反応の判定に技術や経験がいることなどから、どの病院でもできるわけではありません。
もしプリックテストをやるなら、必要があるか、専門医とよく相談して決めたほうがいいですね。

血液検査、もしくはプリックテスト。

食物アレルギーの疑いが強ければ、生後5〜6か月ぐらいで検査をしておくと、離乳食を始めるにあたって、参考にできます。
「どの食べ物にアレルギーをおこすか」「湿疹が悪化するか」、容疑者を知った状態で、離乳食を進められるわけですので。

引用元-−-子肌育Blog アトピーに負けない生活

アレルゲン

特定の物を体の外から摂取すると体の中で反応が起きてじんましん等を引き起こしてしまうものです。

引用元-−-アレルギーの病気を克服しよう

 

三大アレルゲン

食物性アレルギーを引き起こすのは、どのような食品か想像できるでしょうか。一応、どの食品も、アレルギーを引き起こす可能性はあるのですが、その頻度が最も高いのは、卵、牛乳、そして大豆の3つです。
これらの食品が、抗原(アレルゲン)となりやすいのか、その理由はいまだによく解明されておりません。しかしながら、食物性アレルギーの先駆者であるリンケルは、「毎日、多くの量を、繰り返し、摂取している食物が食物性アレルギーの原因となりやすい」と述べられています。
前述した卵、牛乳、大豆は、この条件に合致しますよね。 乳幼児(乳児期と幼児期で生後0日から小学校就学までの子供)が、毎日のように、栄養があり発育にも良いのだから飲みなさい、と言って牛乳を飲まされていることでしょう。

それに加え、離乳食は当然のことながら、幼児の食事には卵が使われていることが非常に多いのです。卵と牛乳と言うと、それだけを考える人がいるが、卵や牛乳で作った乳製品も同じようにアレルギーを引き起こします。
例とえば、卵焼き、オムレツ、揚げ物の衣、ケーキ、カステラ、マヨネーズ、プリン、アイスクリーム、ビスケットなどなども同様にあります。つまり、乳幼児が好んだり、また大人が子どもに与えたがる食品のなかには、卵や牛乳を含む食品が非常に多くあります。
こうした食べ物を毎日、繰り返し食べているうちに、卵や牛乳に対する抗体が生まれて、アレルギーを引き起こすのです。
大豆の場合でも、そうした仕組みは似ているのですが、近年の研究では、特に大豆油が抗原(アレルゲン)になりやすいことが解明されています。

その反対に同じ大豆製品でも、豆腐、ミソ、しょうゆ、きな粉まで除去しなければならない人は珍しいのです。これもやはり、大豆油を毎日のように摂ることがその一因でしょう。
大豆が含まれる食べ物には、油揚げ、がんもどき、天ぷら、トンカツ、インスタントラーメン、カレーの素、ポテトチップス、サラダ油、ドレッシング、マヨネーズなど、大変多くのものに渡っています。
このような理由から、日本では、卵、牛乳、大豆に対するアレルギーが最も多く現れるのです。このほかには、基本的には次のような食品が抗原(アレルゲン)になりやすいので参考にしてください。

引用元-−-アレルギーと鼻水.com

他のアレルゲン

離乳食

赤ちゃんが初めて固形物を口にするのが離乳食です。早い子では3ヶ月から母乳やミルク以外のスープを離乳準備食として与えることがあるようです。
実際母子手帳にも3ヶ月頃からスープや果汁を与え、5ヶ月頃から離乳を始められると書いてあるそうです。

しかし、近年厚生労働省より早期の離乳によりアレルギーにかかりやすい体質になるという報告もあり6ヶ月までは離乳せずに母乳やミルクのみを与えた方が良いという報告がありました。

離乳時期の考え方は色々ありますが、あまり早期の離乳は赤ちゃんのためには良くないようです。
また離乳食に使う食材も1歳までは乳製品を控え、2歳までは卵を控える。ピーナツなどの木の実や魚などは3歳までは控えた方が良いという見解もあります。

母乳からアレルギー

離乳食を始めることによりアレルギーが発症するということは、離乳する前の段階ではアレルギー反応は出ないということでしょうか?
答えはNoです!母乳のみを飲んでいる赤ちゃんでも湿疹などのアレルギー反応が現れる可能性はあります。

それは母親が食べた食物の成分が母乳に含まれるとされており、母親が卵や小麦などを摂ることにより、母乳から赤ちゃんが成分を摂ることによりアレルギーが発症すると考えられております。

湿疹などのアレルギー症状が長く続く場合は、独自に食事から原因食材を除去せずに病院にて診療を受け、アレルギー検査を受けた上で母乳のみを与えていることを相談するようお勧めします。

引用元-−-アトピーWEB

食物アレルギー

子どもが食物アレルギーと診断されたと答えた人は全体の16%。
月齢別の診断された時期では「生後7-8カ月のとき」が最も多く15.5%で離乳食スタート後と予想されますが、まだ離乳食が始まっていないと思われる生後5カ月未満でもあわせて23.4%と4分の1近くが離乳食スタート前に診断されているようです。
何がアレルゲンなのかを尋ねたのが右のグラフです。やはり「卵」がダントツで82.5%。次いで「牛乳」、「小麦」でした。以前は三大アレルゲンというと「卵、牛乳、大豆」と言われていましたが、最近は大豆に代わって「卵、牛乳、小麦」と言われる場合もあることがデータからもうかがえます。

引用元-−-ベビータウン

まとめ

大人に予備知識があれば、アレルギーもうまく避けられる可能性があるのですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/Carp_Bo_ya320/status/575625363646078976

 - 健康・病気

ページ
上部へ