皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

原因不明の腹痛は病院に行くべきでしょうか?

      2016/12/06

原因不明の腹痛は病院に行くべきでしょうか?

痛みの原因は様々です。

原因不明の腹痛は不安になりますね。

おかしいなと感じることがあったら、病院にいきましょう。

今回は、腹痛の原因を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

食あたり、食中毒の場合

・病院での受診をおすすめする場合
下痢のほかに嘔吐や発熱、激しい腹痛を伴うときは、感染性腸炎や食中毒といった重症のケースも考えられますので、疑わしい場合は一刻も早く病院に行きましょう。
また、長時間下痢が続く、便に血や粘膜が混じる、便の色が赤や黒、白、緑など普段と違う場合は、内臓疾患が原因となっていることもあります。早めに医師の診断を受けましょう。

<激しい腹痛や発熱、嘔吐、血便などを伴うときは要注意!>
激しい腹痛や発熱、嘔吐などを伴う下痢の場合,赤痢やコレラなどが原因となる細菌性のもの、腸炎ビブリオやサルモネラなどの食中毒が疑われます。早急に医師の診断を受けるようにしましょう。

・セルフケアできる場合
食べ過ぎや飲み過ぎ、脂っこい食事をとったなど、原因がわかっている場合は自分でケアしてみましょう。通常は適度な水分をとり安静にしていれば1〜2日で回復します。

下痢止め剤と整腸剤の役割の違い

くすりは、下痢の種類によって使い分ける必要があります。
下痢止め剤には、腸管の運動を抑制する成分、荒れた粘膜を保護する収れん成分、下痢の原因物質を吸着する成分、腸内の細菌を殺菌する成分などが含まれているので、下痢の原因を考えて成分を選ぶ必要があります。食中毒の治療で菌を排出しなければならないときには、腸管運動抑制成分の入った下痢止め剤は使わないようにします。
整腸剤には腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌を助ける整腸生菌成分が配合されています。腸の調子を整えたいときに選びます。

引用元-−-第一三共ヘルスケア

虫垂炎の場合

「虫垂炎」は早期対処が重要
激しい腹痛、嘔吐、発熱といった「虫垂炎」の典型症状に気付いたら、ともかく速やかに医師の診察を受けましょう。場合によっては、腹痛が激し過ぎ身動きが取れないといったこともあるかもしれません。そういった場合は、救急依頼をおこないましょう。
「虫垂炎」は早期対処・治療ができた場合は、大した病気ではないといえますが、発症から時間が経ったり放置があった場合、命に関わる病気を合併する可能性が高い病気です。救急依頼をすることに躊躇されることもあるかもしれませんが、その判断が命に関わることもありますので、勇気を出して助けを呼びましょう。

特に、子どもの場合は発症から重症化までの時間が短いといわれていますので、十分な注意が必要といえるでしょう。

引用元-−-カラダノート

急性胃炎の場合

特に急性胃炎の原因の中でも多いのが飲酒で、出血性胃炎になった人のうち50%は過度のアルコール摂取がその要因になったようです。
そして、緑茶・コーヒーなどを飲み過ぎたり、香辛料などを必要以上に摂取することも原因になります。
食中毒も急性胃炎の一つだと考えられています。
そして、強心剤などの薬物が一因の急性胃炎もあります。
内因性急性胃炎は、食べ物など外からの影響による外因性のタイプとは異なり、合併症を起こすことで胃炎になる場合を言うのです。

肝炎や肺炎、伝染病によって入り込む血液中の毒素が要因のようです。
急性胃炎の中にはアレルギーが原因となる場合もあり、それらも内因性急性胃炎の一つとされています。
急性の胃炎については、痛みがあまりないのが特徴です。
胃炎の原因となるような食べ物を摂ることで、胃もたれや吐き気を感じるなどの症状が起きるケースが多いようです。

胃の内部が酷い炎症を起こしていると、腹痛となるでしょう。
さらに、頭痛や体のだるさ、発熱などの症状を併発する可能性もあります。
急に症状が現れる急性胃炎の大部分は原因がはっきりしているので、診断に悩むといったことはありません。
しかしながら、こうした症状は他の病気の場合に起こることもあるので、早めに内視鏡検査が可能な専門機関で診察してもらうことが肝心です。

胃腸科や消化器内科などの専門科で、適切な治療を受けることが改善への第一歩です。

引用元-−-胃炎の症状と治療ガイド

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは?
過敏性腸症候群とは、胃腸には異常が見つからないのに、便通に異常が起こる状態のこと。出かけると下痢になったり、便秘、腹部の不快感などの症状があらわれます。まじめな人、気の弱い人、内向的な人、うつ傾向の人、情緒不安定な人、20代の女性、30代から40代の働き盛りの人などになりやすい傾向があります。

過敏性腸症候群の症状
症状によって次の3つのタイプに分けられます。

神経性下痢の症状 (下痢型)

ひんぱんにお腹が痛くなって下痢をします。緊張した時、朝起きてすぐ、朝食後、出かける前、電車の中、到着後など、一日に何度も便意をもよおすのが下痢型の過敏性腸症候群の特徴です。
過敏性腸症候群の原因は、ストレスによる自律神経の乱れ。

けいれん性便秘の症状 (便秘型)

便秘が何日も続いて、排便の前にお腹が苦しくなることが多いです。うさぎの糞のようなコロコロした固い便しか出ない、というのが便秘型の過敏性腸症候群の特徴です。

交替性便通異常の症状 (交替型)

下痢と便秘をくり返すのが、交替型の過敏性腸症候群の特徴です。

引用元-−-自律神経失調症・完璧ガイド

治療法について
過敏性腸症候群とうまく付き合っていくことで、治療の目標は症状を軽減することにあります。「規則正しい生活を送り、正常な便通習慣を取り戻す」「スポーツや趣味などでストレスを発散、コントロールする」ことに心がけることです。薬を服用する場合もあります。鎮痛薬、消化器運動機能改善薬、精神安定剤、漢方薬などが処方されます。過敏性腸症候群は主にストレスが原因で起こる病気なので、薬によって症状が緩和できても、それは一時的なものです。薬にのみ頼らず、規則正しい生活を忘れないようにしましょう。

引用元-−-ストレスとお腹の関係〜ティーペック健康ニュース

 

胃痙攣

胃痙攣は突然起こるみぞおち付近のけいれん性の痛みで、その痛さは激しく1時間程度続きます。
もし、我慢できれば1時間ほどで胃痙攣は治まりますが、中には救急車を呼ぶこともあるようです。
胃痙攣の対処法では、胃痙攣で苦しんでいる人の背中をゆっくりと撫でるのが効果的です。
背中を撫でるのは自律神経の緊張を解く効果がありますので、痙攣の症状が和らいでくるのです。
胃痙攣が起き易いのは過度のストレスで胃が痙攣する場合が多いようですから、胃痙攣にストレスや悩みすぎは禁物です。
日頃、身に余る難しい問題を抱えていると人は誰でも全身が緊張してしまいますが、その緊張が敏感な内臓である胃に来て胃が痙攣を起こしますから、胃痙攣の対処法は悩み事を抱え込まないようにすることが大切です。
それから、ストレス以外の原因で胃痙攣になる場合も考えられますから、出来れば胃痙攣が治まっても病院で胃の検査をしてもらうことをお勧めします。もしかすると胃だと思っていたのが実は肝臓が悪いためなどという場合もあります。
そして、日頃から温かいお風呂に入り、胃を含め冷え易い内蔵全般を芯から温めることも、気分がリラックスしてストレスが溜まらないことと同時に、体には良いことです。
それから、胃痙攣の発作中にはとにかくじっとして無理に動こうとしないことが大切です。四つ這いになってじっとしてゆっくり呼吸をすることです。胃痙攣の最中には薬は飲もうとしてもとても飲めるような状態ではありませんし、胃痙攣がすぐに治まる薬はありません。

引用元-−-胃痙攣の対処法

まとめ

これらの病名の他に、大腸ポリープ、大腸癌、潰瘍性の大腸炎、乳糖不耐症他まだ沢山の原因が考えられます。いかがですか?腹痛はだれでも経験し、ほとんどが問題のない場合が多いそうです。
しかし、腹痛からは多くの病気が浮かび上がってきます。「いつもとちょっと違う」「日に日に痛みが強くなる」「痛みがおさまらない」等、おかしいなと感じることがあったら、病院にいきましょう。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/nleekp/status/565023708201246720

 - 健康・病気

ページ
上部へ